Loading

column

アトピーに効く石けんありますか?

Q & A

  • アトピーに効く石けんありますか?

イチ押しはホホバオイル配合のホホバクイーン

インティバリの石けんは、医薬品(薬用石けん/医薬部外品)ではありませんので、アトピー性皮膚炎に効く、あるいは治すと言えば語弊がありますが、「症状を悪化させない」ことは出来ると思います。アトピー性皮膚炎の方は超敏感肌で乾燥しがちだと思いますが、インティバリの石けんは、コールドプロセス製法で作られており、製造過程において保湿成分のグリセリンが生成されるため保湿力に優れています。その中で、アロマオイルを配合していない無香料石けんの「ベビードール」「ノニソープ」「ハニービー」、また比較的穏やかな作用で知られるラベンダーとティーツリーを配合した「ラベンダーティーツリー」、それからインティバリの無添加石けんの中でも、かゆみ止めにもなるといわれるホホバオイル配合の「ホホバクイーン」がおススメです。

但し、全ての人に良いとは言えません。その時々の状態や季節にも関係すると思うのですが、アロマを配合しない無香料石けんでさえ刺激が強いと感じる方が実際にいます。アルカリ性の石けんを弱酸性の肌に使えば、それなりに反応するでしょうから、それが刺激になるのだと思われます。それでも、皮膚科の医師も無添加石けんを勧めるその理由は、やはり合成界面活性剤が主成分のソープなどは、その合成化学物質の特性、すなわち、「濃度が薄まっても分解されず、また強力な洗浄力を失うことなく、肌に残留する可能性が高い」からで、無添加石けんなら、きれいさっぱり泡切れがよく、たとえ成分が肌に残留したとしても、合成化学物質とは違い、濃度が薄まれば作用も弱まり分解され、肌への影響を最小限に抑えるからだと思います。

また、弱酸性のソープであれば、刺激もなくピリピリするこもないように思いますが、弱酸性のソープは洗浄力が弱く、その欠点を補うために強力な洗浄剤(合成界面活性剤/合成化学物質)を配合している品もあり、どのような成分が配合されているか、注意する必要があります。場合によっては、弱酸性のソープの方が刺激が強いということもあり得ます。

インティバリ石けんの特徴

石けんは主成分となる油脂に何を使うか?また、どのような製法により作るかで、効能や使用感など品質が変わります。油脂といっても植物性もあれば動物性の油脂もあります。製造方法もコールドプロセス製法、ホットプロセス製法、中和法があります。インティバリ石けんのような植物性の油脂を主成分にしたコールドプロセス製法で作られた石けんがおすすめです。

お買い求めは

皆さまのご来店、心よりお待ち申し上げます。インティバリ・サヌール本店

インドネシア国内の配送はもちろん、バリ島から日本のご自宅までお届けするお取り寄せ通販サイト(インティスタイル

インティバリがプロデュースする国内通販サイト|プリム

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

敏感肌の方は知っておきたい!「薬用石けん」のリスク

赤ちゃん用の石けんには細心のご注意を!

関連記事

  1. エッセンシャルオイルの利用法

    2017.09.22
  2. 敏感肌の方はマイソープ携帯

    2018.04.21
  3. 敏感肌の方は知っておきたい!「薬用石けん」のリスク

    2017.11.05
  4. インティバリでニキビ対策

    2018.05.04
  5. 肌荒れが酷く、どの石けんを使っても、かゆみを伴うのですが、インティバリの石けんは…

    2017.11.03
  6. ドッグソープ

    2018.04.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP