Loading

column

敏感肌の方は弱酸性ソープの成分にご注意

当ページでは、弱酸性ソープとインティバリの石けん(アルカリ性)の違いについて記載しています。「お肌に優しい弱酸性ソープ」「赤ちゃん用弱酸性ベビーソープ」などを謳う弱酸性ソープが市販されていますが、必ずしも弱酸性ソープが低刺激で安心とは言えず、むしろ注意する必要があると思います。

インティバリ石けんの特徴

インティバリの石けんは、植物性オイルを主成分にコールドプロセス製法で作った石けんです。コールドプロセス製法は熱を加えずゆっくり鹸化させるので、素材が持つ特徴や効能が失われることなく、また製造工程の中で保湿成分のグリセリンが生成されるので保湿力に優れる石けんとなります。また、コールドプロセス製法で作られた石けんは、ホットプロセス製法や中和法で作られた石けんと比較すると、その洗浄力はマイルドでお肌に必要な油分を残し肌をスベスベにします。また、石けんの濃度が薄まれば分解されて洗浄力を失いますので、洗い上がりに変なヌルヌル感がなく、泡切れ良くさっぱりするのも特徴と言えます。環境にも優しいと言われる所以です。

石けんの欠点

ただし、インティバリ石けんだけでなく、石けんは全て弱アルカリ性なので、超敏感肌の方には刺激になる可能性もあります。人間の体内は弱アルカリ性ですが肌は弱酸性です。この弱酸性が肌のバリヤー機能を担っています。通常は、弱アルカリ性の石けんで肌を洗えば、弱アルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻そうとする肌機能が活性化するのですが、アトピーや乾燥肌、あるいは何らかの要因でバリヤー機能が低下していると肌は敏感な状態になっており、弱アルカリ性の刺激に耐えられないこともあり得ます。実際、アトピーでも乾燥肌でもないのに、石けんはヒリヒリするという方がいます。これは、何らかの要因により、肌のバリヤー機能が損なわれている可能性があります。特に、顔の皮膚は他と比べると敏感な部分です。このような敏感肌の方でも、よりマイルドな弱酸性ソープなら刺激も少ないでしょう。

弱酸性ソープは肌に優しい?

弱酸性の肌に対して、弱酸性の洗剤なら刺激を感じることもないとは思います。が、石けんは弱アルカリ性だからこそ泡立ち洗浄できるのです。つまり、弱酸性ソープは泡立ちが悪く洗浄力が乏しいのが最大の欠点といえます。肌の老廃物を取り除くことが困難ということになりますが、その欠点を補うために、洗浄力の強い洗剤(強力な合成界面活性剤)を配合している製品が多いのです。石けんとは違い、この強力な合成界面活性剤は濃度が薄まっても、洗浄力を保ったまま分解されることなく、肌に付着して残留し、肌トラブルを悪化させる可能性があります。「赤ちゃんにも使える弱酸性ソープ」と謳う洗剤がありますが、配合成分には十分注意が必要です。

最後に

天然成分100%の素材だけを材料に、コールドプロセス製法で作られたインティバリのような石けんでも、全ての人に安心安全とは限りません。天然成分にアレルギーのある方もいますし、その時々の環境や体調により合う合わないが出てくるかと思います。大切なのは、ご自身の肌にあったモノを選ぶということ。成分によっては、副作用が怖い強力な有効成分で一見肌に合っていると思ってしまうモノもありますし、場合によっては長期に渡って使用しないと身体への影響が分からないモノもあります。複雑化した現代社会において、科学的にも医学的にも、それらの因果関係は解明されないでしょうが、出来るだけ疑わしいモノは避けた方が無難だと思います。

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

肌荒れが酷く、どの石けんを使っても、かゆみを伴うのですが、インティバリの石けんは私のような敏感肌でも使えますか?

敏感肌の方は知っておきたい!「薬用石けん」のリスク

関連記事

  1. ドッグソープ

    2018.04.25
  2. 敏感肌の方は知っておきたい!ベビーオイルの主成分から見る効能 鉱物油 VS 油脂…

    2019.01.29
  3. 敏感肌の方は知っておきたい!医薬部外品のリスク

    2018.11.05
  4. お肌のサランラップ 合成ポリマーは疑わしきモノ

    2017.09.26
  5. 背中の肌荒れはリンスやコンディショナーが原因!?

    2018.02.06
  6. コールドプロセス製法で作られた石けんがすぐ溶ける理由

    2018.07.21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP