弱酸性ソープ VS インティバリの石けん

当ページでは、弱酸性ソープとインティバリの石けん(アルカリ性)の違いについて記載しています。「お肌に優しい弱酸性ソープ」「赤ちゃん用弱酸性ベビーソープ」などを謳う弱酸性ソープが市販されていますが、必ずしも弱酸性ソープが低刺激で安心とは言えず、むしろ注意する必要があると思います。

インティバリ石けんの特徴

インティバリの石けんは、植物油とアルカリの苛性ソーダをコールドプロセル製法で鹸化させて作るアルカリ性の石けんです(インティバリだけでなく石けんは全てアルカリ性です)。コールドプロセス製法は熱を加えずゆっくり鹸化させるので、素材が持つ特徴や効能が失われることなく、また製造工程の中で保湿成分のグリセリンが生成されるので保湿力に優れる石けんとなります。更に、アルカリ性の石けんは洗浄力にも優れ、老廃した肌の古い角質を洗い落とすので肌をスベスベにします。また、洗い上がりに変なヌルヌル感がなく、泡切れ良くさっぱりするのも特徴と言えます。これは、石けんの濃度が薄まれば洗浄力を失い、その成分が分解されて洗い流されるからです。また分解された成分は肌を構成する成分と同じですので違和感がないのもさっぱり感の理由と言えます。ただし、超敏感肌の方には、石けんのアルカリ性が刺激になる可能性もあります。

石けんの欠点

人間の体内は弱アルカリ性ですが肌は弱酸性です。この弱酸性が肌のバリヤー機能を担っています。アルカリ性の石けんで肌を洗えば、その洗浄力できっちり汚れを落とし、またアルカリ性に対して弱酸性の肌機能が活性化するのですが、アトピーや乾燥肌、あるいは何らかの要因でバリヤー機能が正常でない場合、肌は超敏感な状態になっており、アルカリ性の刺激に耐えられいこともあり得ます。実際、アトピーでも乾燥肌でもないのに、石けんはヒリヒリするという方がいます。これは、何らかの要因により、肌のバリヤー機能が損なわれている可能性があります。特に、顔の皮膚は他と比べると敏感な部分です。(もし刺激が強いと感じたら、ご使用を控えて下さい。)

弱酸性ソープは肌に優しい?

対して、弱酸性ソープはどうか?肌が弱酸性なので確かに刺激はないと思います。肌に何らかのトラブルを抱える方も、ピリピリするなどの刺激を感じることなく使用できるとは思います。が・・・洗い上がりがヌルヌルする、泡立ちが悪いというだけでなく、洗浄力が乏しいのが最大の欠点といえます。肌の老廃物を取り除くことが困難ということになりますが、怖いのは、その欠点を補うために、洗浄力の強い洗剤(強力な合成界面活性剤)を配合している製品が多いということ。石けんとは違い、この強力な合成界面活性剤は濃度が薄まっても、洗浄力を保ったまま分解されることなく、肌に付着して残留し続け、肌トラブルを悪化させる可能性があるのです。「赤ちゃんにも使える弱酸性ソープ」と謳う洗剤がありますが、配合成分には十分注意が必要です。
 
関連投稿:インティバリの無添加石鹸 VS 他のバリ石鹸

 

この記事の著者

岡柳 薫~本物を手にする喜び~

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、実体験に基づき、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る