インティバリ石けん VS 薬用石けん

薬用石けんとは?

インフルエンザが流行する季節になると、「家に戻ったら石けんで手を洗いましょう」というインフルエンザ対策をよく耳にします。抗菌、殺菌作用があるという薬用石けんを使われる方もいるでしょう。インティバリ無添加石けんも、天然成分100%の素材だけで作られていますが、民間療法あるいは漢方などでは抗菌、殺菌作用があるといわれる素材を使用しています。ただ、薬事法上は化粧品として登録しているため、汚れを落とすだけの洗浄力はあっても、抗菌、殺菌作用があるとは謳えません。手をキレイに洗えるという意味では、薬用石けんに劣らないと思いますし、インティバリ無添加石けんに抗菌、殺菌作用がある成分が配合されていると承認されれば、薬用石けんとして販売することが出来るのですが、「そのような効能がある」というのは、化学的に実証されたわけではなく、製造者の希望的観測で世間一般的にそう言われているという何となく曖昧な基準で商品化されているように思えます。要するに、薬用石けんとは、普通の石けんに「抗菌、殺菌作用があるといわれる」物質を配合した石けんで、その効能は定かではありません。

薬用石けんは危険?

このように、今まで抗菌、殺菌作用があると謳われる薬用石けんが市販されてきましたが、2016年9月アメリカは、それらの成分に抗菌、殺菌作用があるとは認められず、逆に有害である可能性を示唆し、それらの成分が配合された石けんを販売禁止する方向で動きだしました。このようなアメリカの動きを受けて、日本でも規制するようになったのですが、そもそも、どのような基準があったのか・・・抗菌、殺菌作用があると思っていた石けんが、実はそんな作用がなかったというだけならまだしも、身体に有害かもしれないと言うのですから驚きます。しかも、販売禁止になったのは石けんだけで、同じ成分が入ったシャンプーや化粧水、歯磨き粉などは対象外となっているようです。

疑わしいモノは生活から排除する

アメリカの研究によれば、そのような物質が尿・血液・鼻水・母乳などから検出されているとのこと。皮膚や口から体内に吸収された結果だと思いますが、化学的にその有害性が証明されていない以上、規制出来ないのか、、、わたしたしにとっては、有害物質と証明されてからでは遅いと思います。疑わしいモノは生活から排除することが、自分や家族を守る唯一の手段ではないでしょうか?

 

インティバリが天然成分100%にこだわる理由

 

 

この記事の著者

岡柳 薫~本物を手にする喜び~

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、実体験に基づき、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る