敏感肌の方はご注意~肌荒れの原因は柔軟剤!?~

柔軟剤の主成分は強力な合成界面活性剤

柔軟剤の香りによる公害が社会問題になっていますが(関連記事:人工香料による公害)、柔軟剤には、香りによる公害だけでなく、他にもデメリットがあることをご存知でしょうか?特に赤ちゃんや敏感肌の方は注意が必要です。
 
衣類を柔らかくフワフワにする柔軟剤ですが、その主成分は界面活性剤の中でも特に刺激が強く毒性があると言われる「陽イオン界面活性剤」です。毒性が強いことからシャンプーには配合されていない物質ですが、直接お肌に付けることがないリンスやコンディショナーには配合されています。この「陽イオン界面活性剤」が主成分の柔軟剤やリンス、コンディショナーは、直接お肌に付けることがないので警戒を怠ってしまいそうですが、その特性から「陽イオン界面活性剤」は濃度が薄まってもその効力(=刺激の強さと毒性)を失わず、水に流されることもなく衣類に付着してしまうのです。別の言い方をすれば、付着しているからこそ、リンスやコンディショナーであれば、髪の毛が艶々に見え静電気を帯びることなく滑らかになるし、衣類に使えば柔らかくフワフワになるのですが、そんな物質が付着した髪の毛や衣類が素肌に触れれば、赤ちゃんや敏感肌の人は肌トラブルに悩まされる可能性が高いです。

 

たとえば、タオルに柔軟剤を使い続けると、柔軟剤の主成分である「陽イオン界面活性剤」の特性によりタオルの吸水性が悪くなります。また、柔軟剤の使用がタオルをゴワゴワにする原因でもあります。本末転倒と言うか、柔軟剤は不要だと思います。

この記事の著者

岡柳 薫~本物を手にする喜び~

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、実体験に基づき、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る