Loading

column

汚れを落とす界面活性剤の作用

敏感肌の方たちの間で無添加石けんが注目されるようになってきた頃、併せて合成界面活性剤の有毒性がクローズアップされてきましたが、実は界面活性剤自体は有毒物質ではありません。有毒なのは化学物質を合成して作った合成界面活性剤であって、自然界には界面活性剤の働きをする無害の物質が沢山あります。石けんも天然の界面活性剤といえます。その界面活性剤の作用についてシェア出来ればと思います。

界面活性剤とは?

界面活性剤とは、化学的に言えば、水に馴染みやすい親水基と油に馴染みやすい親油基の両方を分子構造に持った物質です。そして、界面(物質の境目)に作用して物質の性質を変化させ、本来混ざり合うこのない物質、たとえば水と油を混ぜ合わせる作用があります。分かり易く言えば、油とお酢に塩とコショウを混ぜたドレッシングは、しばらく置いておくと分離しますが、そのドレッシングに卵黄を入れると、油とお酢が混ざりマヨネーズになる。これは卵黄が界面活性剤の働きをしたからで、卵黄も界面活性剤のひとつと言えるわけです。

界面活性剤の特性~汚れを落とすメカニズム~

この界面活性剤の3つの作用(浸透作用、乳化・分散作用、再付着防止作用)により衣類などの汚れを落とすことが可能になります。どのように汚れを落とすかと言えば、界面活性剤が持つ浸透作用により、衣類に付着した汚れと繊維の境目(界面)に水が入り込み、乳化・分散作用により汚れを繊維から引き離し、更に再付着防止作用が働き汚れが再度繊維に付着することを防ぐわけです。石けん自体が界面活性剤の代表と言えるでしょう。但し、天然の界面活性剤です。そういった意味でインティバリの石けんも界面活性剤です。

関連記事

環境ホルモン~疑わしきモノは排除する
自然環境に排出される合成界面活性剤が環境ホルモンに!?

経皮毒から考える
合成界面活性剤など有害物質が皮膚から体内に侵入するという説です。

クレンジングオイルは肌に悪い?
市販のクレンジングオイルの成分は油分と合成界面活性剤です。

弱酸性ソープ VS インティバリ
弱酸性ソープは洗浄力に劣るという欠点を補うために、強力な洗剤(合成界面活性剤)を配合している

肌荒れの原因は柔軟剤
柔軟剤の主成分は強力な合成界面活性剤です。

背中の肌荒れはリンスやコンディショナーが原因!?
背中の肌荒れはリンスに配合される陽イオン界面活性剤が原因!?

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

経皮毒から考える

背中の肌荒れはリンスやコンディショナーが原因!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP