methylprednisolone xanax interactions generic xanax buy xanax online Albuquerque

soma buy Davenport buy soma barber shop san francisco soma

valium online Cedar Rapids buy valium online buy valium Louisville

mixing dilaudid with xanax xanax for sale is guanfacine like xanax

best online pharmacy to buy ambien ambien online no prescription how long should i sleep on ambien

xanax boite de 100 buy cheap xanax can i take kava kava with xanax

valium max safe dose buy cheap valium valium harmful

presentacion farmacologica de tramadol tramadol 50 mg pris pГҐ tramadol 50mg opiater

what kind of dr can prescribe phentermine where can i buy phentermine phentermine and eye pain

xanax and the military buy xanax purchase alprazolam Long Beach

色々あるクリームの使い方

保湿クリーム
んにちわ、インティバリの岡柳です。

早速ですが、インティバリのクリームは保湿や肌機能強化のほかにも実は様々は利用方法がありまして、お客様から頂いたご意見、ご感想をもとにご紹介いたします。

「まつげの根本にぬるとまつ毛がのびる!」

まつ毛が短いことを気にしていた方が寝る前にまつ毛の根本に塗って数日したら伸びていることに気づいたそう!

「鼻の穴や目の周りに薄く塗って花粉症を軽減」

生活に支障がでるほどひどかった花粉症の人が粘膜を保護し症状の軽減に成功したそうです。ちなみにこの方はラベンダーティートリーが配合されているダブルモイスチャーを利用したそうです。粘膜保護は花粉症に有効な手段だとおもうのでインティのリップクリームでももちろん有効だと思います。

「オリジナルアイグロスとクリームチーク」

アイシャドウと混ぜてアイグロス、口紅と混ぜてクリームチークにして透明感ある艶々コスメをオリジナルに作成。混ぜるだけの簡単手創りコスメはインティリップクリームが使い勝手がいいとか。色別にわけて持ち歩いているそうです。

「重層をまぜて傷跡とり」

重層をたくさんまぜて黒くのこっちゃった傷跡などにぬっておくと色がだんだん薄くなるそう。イボにも聞くというからお試しを。

「ヘアワックス」
髪の毛がまとまりにくいとき、薄く延ばしたクリームを毛先につけると自然とまとまります。

「ネイルケア」

強く美しい健康的なピンクの爪を手にいれるためにクリームを塗ってマッサージすると効果あり。いつもの顔や口に塗ったあとに指先に残ったクリームでもできる簡単お手入れ。

「クリアマスカラ」

マスカラブラシにつけてまつげにのせれば黒々つややかなまつ毛になります。まつ毛の負担がない、安心マスカラ。

「練香水に」

精油をたらして、混ぜて練香水に。クリームの量の5%を目安に精油をまぜてみてください。ちなみに精油1滴は0,05mlです。

「フォトジェニックになる裏ワザ」

素敵な笑顔なのに、歯に口紅がついてる・・っていうことありません?歯に薄くクリームを塗っておくと口紅がつきにくいので、特に色が濃い口紅を使う時は試してみて下さい。インティバリ無香料リップクリームやベビークリームなら食事がまずくなることもないでしょう。もちろん、全部食べても大丈夫な物でできているインティバリのクリームだからこそできることです。

「あせも」

あせもにクリーム!?と思うかもしれませんが本当なんです。私はとっても敏感肌なんですがあせもになってもれで治ります。

以上ですが、もちろん、上記の他にも肌荒れ、乾燥、しみ、しわに効果がありますよ。
色々な使い方ができるので是非お試しください。

また、皆さまのお客さまの声、お待ちしております♪

では

インティバリ 岡柳 薫

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る