背中の肌荒れはリンスやコンディショナーが原因!?

背中の肌荒れに悩む方から相談を受けることがあります。そういった方々の話を聞くと、そのほとんどが市販のリンスやコンディショナーを使用されてます。その場合、リンスやコンディショナーの使用を止めるだけで背中の肌荒れを解消できます。

背中の肌荒れはリンスに配合される陽イオン界面活性剤が原因

リンスやコンディショナーの主成分は合成界面活性剤です。
界面活性剤は、大きく分けて「イオン性界面活性剤」と「非イオン性界面活性剤(ノニオン)」に分類されます。更に、イオン性界面活性剤は、「陽イオン界面活性剤(カチオン)」​「陰イオン界面活性剤(アニオン)」そして両方の特性をもつ​「両性界面活性剤​」に分けることが出来ます。この界面活性剤の中で最も刺激が強く有毒なのが「陽イオン界面活性剤(カチオン)」​なのですが、殺菌作用、柔軟作用、静電気防止効果などに優れていることから、髪の毛を柔らかくし艶やかに見せることが出来るので、市販のリンスやコンディショナーに「陽イオン界面活性剤(カチオン)」が配合されているものが多いです。
 

但し、強力な合成界面活性剤は濃度が薄まってもその特性を保ったまま分解されることなく肌に付着して残留し続けますので、肌トラブルの原因になります。「陽イオン界面活性剤(カチオン)」が配合されているリンスやコンディショナーを使用してる場合、髪の毛に残留している「陽イオン界面活性剤(カチオン)」が背中に触れ肌荒れの原因になっていると思われます。その証拠にリンスやコンディショナーの使用を止めるだけで背中の肌荒れが改善されることが多いのです。尚、インティバリでは、石けんシャンプー&クエン酸リンスをおススメしています。詳細はこちら
 
界面活性剤とは
 

この記事の著者

岡柳 薫~本物を手にする喜び~

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、実体験に基づき、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る