ambien buy Lubbock buy ambien online insomnia while ambien

does a drug test show xanax buy xanax is it ok to take xanax when you have the flu

tv 58 tramadol snort tramadol overnight shipping usual dosage tramadol dogs

what happens when you mix xanax and oxycodone alprazolam xanax how many mg is the peach xanax

l'ottico soma besozzo order soma carisoprodol buy Wichita Falls

soma de numeros com notação cientifica order soma online inss soma de tempo de serviço

phentermine after hcg phentermine side effects dangers name of herbal phentermine

can i take valium with warfarin buy valium online cheap how many valium would kill me

ultram buy Rochester buy tramadol ibuprofen potentiate tramadol

bad dreams with ambien buy ambien online abc nightly news ambien

花粉症対策

花粉症はアロマセラピーで治る

バリ島に花粉症はないですが、日本に一時帰国される友人達から花粉症対策について相談されることがあります。日本では一年を通して花粉症で大変な人が多いと聞いていますが、インティバリでは芳香治療(アロマセラピー)をおすすめしています。

 

ご存知の通り、花粉症はアトピー性皮膚炎やぜんそくなどと同じアレルギー疾患の一つだといわれています。アレルギーとは、体に入り込んだ異物に対する体の防御反応が過敏に反応することです。花粉症の場合は、鼻や目の粘膜に付着した花粉を外に出そうと鼻水や涙が止まらなくなるのです。よって予防策としましてはマスクやゴーグルなどを使い花粉が鼻や目の粘膜に付着しないように気をつける。それから、アロマオイルで身体が過剰反応しないようにする。

 

芳香療法(アロマセラピー)とは、香りで脳を刺激して人間が本来もつ機能を整えます。その療法はそれなりに効果があるからこそ、古来から受け継がれてきたわけで、別の言い方をすれば長期に渡る人体実験の繰り返し、すなわち歴史がその効能を証明している!!とも言えるわけです。アロマオイルの中でも特に、ユーカリ、ティートゥリー、ペパーミント、ラベンダー、ホワイトティートゥリーなどが花粉症に有効と言われています。もし、花粉症でお悩みなら芳香療法を試してみてください。尚、アロマオイルと言っても人工香料では役に立ちません。純正の精油(エッセンシャルオイル)をご利用下さい。また、アロマオイルは他のアロマオイルとブレンドすることで相乗効果が期待できるともいわれています。インティバリのオリジナルブレンドで花粉症対策になるのは、やはり、ユーカリ、ティートゥリー、ペパーミント、ラベンダー、ホワイトティートゥリーをブレンドした

 

レメディ
ラベンダーティートゥリー
デイスパ
モーニングドロップ
 

外出するときはマスクににちょっと染みこませて!! これで大丈夫。

更に、鼻の下にクリーム

日本におります義母が花粉症に悩まされていましたが、インティバリのアロマとラベンダー精油とティーツリー精油を配合したダブルモイスチャークリームで花粉症を克服しました!!「鼻がむずむず」「くしゃみは止まらず」あまりにもティッシュで鼻をこするので鼻の下は真っ赤か、、、毎日ティッシュ1箱は余裕で使っていたようなのですが、アロマセラピーと鼻の下にクリームを塗るだけであら不思議。「鼻がむずむずしない」「くしゃみも出ない」「鼻の下も赤くならない」。義母にとってはマジックのよう?笑。いや、本当にこれで解決できます!!もし、花粉症でお困りなら、是非お試しください。

 


この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る