Loading

column

クレンジングオイルは肌に悪い?比較検証と考察

クレンジングオイルはキッチン用洗剤やボディソープ、シャンプーで洗顔するのと同じ

結論からいうと、市販のクレンジングオイルは肌に無害とは言えないでしょう。その成分は、キッチン用洗剤やシャンプー、ボディソープと同様にオイルと合成界面活性剤です。配合率はそれぞれ異なると思いますが、キッチン用洗剤やシャンプー、ボディソープと同じ成分のクレンジングオイルを毎日顔に使えば、敏感肌の人は即効ダメージを負うと思います。

このようなことから、インティバリでは天然成分100%のインティバリ・ボディオイルでのクレンジングをおススメしています。インティバリがプロデュースするバリ島アユタヤスパのフェイシャル・トリートメントでもクレンジングする時はインティバリのボディオイルを使用します。オイルで化粧の油分を肌から浮かし、石けんで洗顔しながらお化粧の油分を流します。

市販のクレンジングオイルなら「油分を浮かす」「油分を流す」という二つの作業を一度に出来るので便利なのかもしれませんが、もし市販のオイルクレンジングが肌荒れの原因になるとしたら、その後の肌のお手入れにもっと手間がかかってしまうように思います。毎日使うモノですから、肌荒れの原因になるかもしれない疑わしいモノは出来るだけ避けるべきだと思います。

クレンジングオイルの成分を読み解く

上述の通り、市販されているクレンジングオイルの成分はオイルと合成界面活性剤です。
オイルが、メイクの主成分である油分と混ざり合って肌から浮かし、合成界面活性剤で浮かせた油分を水で流せるようにしているのです。オイルは水だけでは洗い流せないので合成界面活性剤が配合されているということになります。このようなクレンジングオイルですが、どのようなオイルと合成界面活性剤が配合されているかで肌への影響が違います。

そんなわけで、クレンジングオイルの成分についてもう少し掘り下げて調べましたのでシェア出来ればと思います。

油脂と鉱物油の違い

上述の通り、クレンジングオイルの主成分にオイルが配合されています。そのオイルは大きく分けて、油脂と鉱物油に分類されます。いずれも肌への有毒性はありません。

「油脂」とは、インティバリ石けんや保湿クリーム、ボディオイルの原材料にしている、スウィートアーモンド、オリーブオイル、グレープシードオイル、ココナッツオイルなどの植物性オイルのことです。肌への浸透性が高く、ヨーロッパでは古くから美容・スキンケアに使われてきましたが、酸化するという欠点があります。つまり、安定性に欠けるということになります。

対して「鉱物油」は石油から精製されたオイルです。ミネラルオイルとも言われます。
「油脂」と比べると安価で、酸化することがなく、とても安定した素材です。また、肌への吸着性が強いという性質があるので、ファンデーションや口紅、アイシャドウ、日焼け止めなどの化粧品に使われています。但し、油脂とは違い、肌への浸透力はなくスキンケアには向きません。


 

ここで注目したい「鉱物油」の特性は吸着性が強いということ。
この「鉱物油」を水で流そうとすれば、それなりの分量の「合成界面活性剤」を配合する必要があるのです。つまり、「油脂」を使ったクレンジングオイルより「鉱物油」を使ったクレンジングオイルの方が、より多く「合成界面活性剤」が配合されているということになります。また、肌の油分に吸着して全て取り除き乾燥肌を招く可能性もあります。

アニオン界面活性剤とノニオン界面活性剤の違い

合成界面活性剤と言っても、市販のボディソープやシャンプー、洗剤などに配合されている「アニオン界面活性剤」と、油分を分離させる作用に優れる「ノニオン界面活性剤」があります。「ノニオン界面活性剤」は「アニオン界面活性剤」よりは低刺激で起泡性もないのですが、同じ合成界面活性剤ですので決して無害ではないと思います。

結論

このように成分の特性を見ると、

「鉱物油」と「アニオン界面活性剤」あるいは「ノニオン界面活性剤」を使ったクレンジングオイルは、品質的に安定しおてり安価というメリットがあります。但し、「鉱物油」と「ノニオン界面活性剤」の組み合わせでは、吸着性の強い「鉱物油」が残留する可能性があり、また、「鉱物油」と「アニオン界面活性剤」の組み合わせのクレンジングオイルは肌へのダメージが最も大きいことが分かりました。キッチン用の洗剤も、その成分は「水」と「アニオン界面活性剤」です。「クレンジングオイルは肌に悪い」と言われるのは、このタイプのクレンジングオイルを指して言われていると思われます。敏感肌の方は避けた方が無難です。一方で「植物性油脂」と「ノニオン界面活性剤」の組み合わせであれば、比較的、肌へのダメージが少ないように思えます。但し、「植物性油脂」は酸化するというデメリットがあるので、防腐剤などが配合されていたりします。

クレンジングオイルといっても配合成分により肌への影響力は様々ですが、いずれも市販のボディソープやシャンプー同様、それなりの量の「合成界面活性剤」が配合されているオイルを毎日顔に使用することを考えると、敏感肌の方にとっては肌へのダメージが大きいと思われます。特に顔の肌は敏感な部分ですので。

やはり、敏感肌の方へは植物性油脂のオイルで化粧を浮かして石けんで洗顔するクレンジングをおススメします。

インティバリ・ボディオイル

最後に、インティバリのボディオイルはクレンジングにも使えます。その成分は、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル、グレープシードオイルの3種をブレンドした100%植物性油脂です。「酸化しやすい」という植物性油脂の欠点を抗酸化作用に優れるホホバオイルで制御しています。その高品質が評価され、バリ島5つ星ホテルに併設する世界最高峰のスパでもマッサージオイルとして使用されています。敏感肌など肌トラブルのある方におススメです。(ボディオイル一覧)

クレンジングは美肌ケアのファースト・ステップ。合わせてお読みください。

お買い求めは

ご来店心よりお待ち申し上げます。インティバリ・サヌール店

インドネシア国内の配送、日本へも。お取り寄せ通販サイト(インティスタイル

インティバリがプロデュースする日本国内通販サイト(プリム

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

ふるさと納税で地方を応援

上毛新聞の視点オピニオン21「誇りと自信を次世代に~海外から見た日本人像~」Vol.2

関連記事

  1. 敏感肌の方は肌に合わない成分を察知する能力に優れている!!インティバリの成分がシ…

    2018.10.25
  2. 敏感肌の方は知っておきたい!ベビーオイルの主成分から見る効能 鉱物油 VS 油脂…

    2019.01.29
  3. 花粉症による肌荒れ対策

    2019.03.01
  4. 業務用にマッサージオイルや保湿クリーム、アロマオイル

    2018.07.25
  5. ミネラルオイル(鉱物油)のメリット&デメリット

    2019.01.26
  6. 無添加とは

    2017.09.22

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP