tramadol y cocaГ­na tramadol online pharmacy tramadol and dizziness

provigil directions use provigil modafinil when will provigil go generic

is it ok to take phentermine with synthroid buy phentermine online phentermine uk

order ultram Miami Gardens buy tramadol anxiety with tramadol

ambien 20 mg high buy ambien online physical withdrawal from ambien

klonopin withdrawal burning generic clonazepam klonopin sales

erowid tramadol snort buy tramadol pastillas tramadol 377

selegiline and tramadol buy tramadol tramadol headache side effect

valium effect on nervous system buy diazepam online valium 7.5

can you take tramadol with panadol buy tramadol oline severe nausea with tramadol

野生に生きる

キーワードは、野生、自然治癒力、抵抗力、早寝早起き

さて、先週のメルマガで、インティバリが目指しますのは、「健全な心と身体」であり、それが「美」にもつながる(^^)vとお伝えしました。このお話と関連しまして当家では「子供を出来るだけ野生児に育てる」ということを心がけています。野生児=野蛮人ではありません(笑)。野生というのは

(早起き)朝起きて
(食)生命力ある食物を摂り
(勉強)脳を活性化させ
(遊び)外を駆け回り
(早寝)暗くなったら寝る

これは人間本来の生活リズムであり健全な心と身体を維持する絶対条件だと思います。普通に考えれば当たり前のことだと思うのですが、それでも、最近は夜更かしする子供が増えてきたという話しを聞きます。大人に比べると抵抗力の弱い子供が生活リズムを狂わすと、抵抗力を低下させ、ならなくてもよい病気になってしまう。これらは大人にも言えることだと思います。 

たとえば、養鶏場の鶏は、抗生物質や成長ホルモン促進剤などを含む飼料で育ち、豆電球で1日の光照射時間を強制的に延ばされ、絶えずストレスにさらされているため野生の鶏よりも抵抗力がなく極端に生命力も弱いという話をよく耳にしますが、文明社会に生きる私たちも養鶏場の鶏と同じように、化学物質や電磁波、環境ホルモン、食品添加物や精製された食品など、外的ストレスや、精神的ストレスにさらされ、また、働きすぎてろくに食事も摂れず朝は起きて夜は寝る、という人間本来の生活リズムに逆らった生活環境にいたとしたら心も身体も健全ではいられない。

そして、何よりも生命力=自然治癒力が弱体化してしまいそうです。自然治癒力とは病気や外傷など身体の不調に対し抵抗してそれを治そうとする力ですが、未だ原因が究明できず有効な治療法が見つからない脳卒中、心筋梗塞をまねく動脈硬化や高血圧、糖尿病、アレルギー疾患、ガンなど、現代社会に蔓延する慢性疾患といわれる病の原因は、今日、自然治癒力の弱体化にあるのではないかと言われています。健全な心と身体を維持するには多少過酷な環境にいたとしても自然治癒力の強い野生の鶏のようにいたいと思うのです。養鶏場の鶏より野生の鶏のほうが美しいのです。と、子供達に説明しても「えぇ~嫌だ~ 何で鶏にならなきゃいけないの~?」と。イヤイヤ、そう云うことではなく(汗

~編集後記~

昔、当家で鶏のピーコを飼っていたことがありました。どこからかヒヨコが庭に迷い込んできて、そのまま飼うことになったのです。エサは白米よりビタミンが豊富といわれる赤米、しかも有機栽培の玄米です。家には売るほどあったので(笑)玄米で育ったそのピーコはすくすく育ちました。そして大きくなったピーコは庭で放し飼い、他の鶏と比べると毛並みもよく、高さにして3m~4mぐらいは上に飛ぶことが出来ました。(^^)v そして寝る時は高い木の枝で。姿も野性味にあふれ、とても頼もしかったのを覚えています。何よりも驚くのは、産んだ卵の黄身がちょっとやそっとじゃ割れないこと。おはしを刺しても割れないのです。動物実験をしていたわけではありませんが(笑)やっぱり玄米は身体に良い食べ物だと再認識したのでした~

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る