a soma de dois numeros é 62 a diferença entre eles é 8 carisoprodol soma generic equivalent soma

dose consigliata valium diazepam 5mg valium dosage for oral sedation

xanax ativan equivalent dosage buy xanax xanax adderall together

provigil lower back pain provigil no prescription provigil vertigo

when does tramadol leave your system tramadol 50mg what is stronger co dydramol or tramadol

xanax with dilantin buy xanax can i take xanax with zanaflex

what can help with tramadol withdrawal buy tramadol online no prescription overnight how many tramadol equals 1 vicodin

valium quante gocce prendere valium for sale generic valium from india

ambien wakes permanent vegetative state victims buy ambien online ambien lunesta comparison

what ambien high like buy ambien online can u take oxycodone and ambien together

うつ病対策

2009年10月22日号の週刊文春に少し気になる記事がありました。「12年連続で毎年3万人、、、」何の数字かと言えば、警察庁で発表された日本の自殺者の人数です。そしてこのうちの80%はうつ病だった人だと見られているそうです。このうつ病は、不安になったり、落ち込んだり、、、というだけでなく、不眠、頭痛、食欲不振、便秘、めまい、吐き気など、身体的症状として表れることも多く、自分がうつ病と気づかない場合もあるとか。。。

このようなうつ病は脳の中にある「セロトニン」という神経伝達物質が不足する、あるいは機能しなくなることが原因と考えられており、手っ取り早い治療法はセロトニンの機能を高める抗うつ薬を服用すること、但し、この抗うつ薬の多くは脳を興奮させる覚せい剤と同じで、しかも依存性が高く止めることが出来なくなったり、使いすぎると効き目もなくなるという問題があるそうです。それに、服用中の患者さんの自殺や暴力事件が沢山起こっているようで、厚労省は製薬会社に「自殺や他害行為の恐れがあると注意を喚起するよう、使用上の注意に記載すること」という指示をだしているようです。ならば、薬に頼り過ぎないことが重要である!脳内の神経伝達物質の減少や機能の低下を薬で元に戻せるのなら正しい生活リズムと栄養で治すことも出来るのだと!そこで、やっぱり

(早起き)朝起きて 
(食)生命力ある食物を摂り
(勉強)脳を活性化させ
(遊び)外を駆け回り
(早寝)暗くなったら寝る

このようなに正常な生活リズムを保つことが、うつ病の治療にも予防にもなると思うわけです(^^)v実際、うつ病の人は昼と夜が逆転した生活になりがちで、夜中に起きて食事をするような崩れたリズムがセロトニンの機能を低下させるそうです。それから、もちろん何を食べるかということも重要で、化学調味料を含むインスタント食品や、スナック菓子、清涼飲料水の摂り過ぎが、セロトニンの機能を低下させるようで薬も効き辛く再発もしやすいそうです。更に、正常な生活リズムには、運動も含まれていて、、、運動をすることが、治療にも予防にもなるのだと。という感じで、今回は2009年10月22日号の週刊文春に掲載されていた薬だけでは治らない~専門医が勧める「都会型うつ」に効く食事~という記事を参考にさせていただいてのですが、僕の考える野生の生活

(早起き)朝起きて
(食)生命力ある食物を摂り
(勉強)脳を活性化させ
(遊び)外を駆け回り
(早寝)暗くなったら寝る

は正しいのだと思い、(と、いいますか、当たり前のことなのですが、、、)つい嬉しくなって今回投稿した次第です(笑)

◆今日の一言◆

食べ物をかえるだけで、うつ病を軽減できる、
薬の効果もあがり、結果、薬の量も減らせる、、、!
   

~編集後記~

今回のメルマガは週刊文春に掲載されていた記事を参考にさせていただいたのですが、「セロトニン」という神経伝達物質を直接摂取することは出来ないそうです。なので「セロトニン」を体内で作らなければならないのですが、その原料の「トリプトファン」というアミノ酸の1種を多く含む食べ物を、まず多く摂る必要があります。例えば、バナナ、牛乳やチーズなどの乳製品、落花生やアーモンドなどのナッツ類、大豆に豆腐、のり、まぐろやかつおなどの赤身の魚、ごま、など、、、それから、これらの食品から摂取した「トリプトファン」を効果的に「セロトニン」に変えるには、イワシやアジ、サバなどの青魚、レバー、小麦、胚芽やほうれんそう、ブロッコリー、大根、キャベツなどの野菜などの栄養素の助けが必要だそうです。

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る