methylprednisolone xanax interactions generic xanax buy xanax online Albuquerque

soma buy Davenport buy soma barber shop san francisco soma

valium online Cedar Rapids buy valium online buy valium Louisville

mixing dilaudid with xanax xanax for sale is guanfacine like xanax

best online pharmacy to buy ambien ambien online no prescription how long should i sleep on ambien

xanax boite de 100 buy cheap xanax can i take kava kava with xanax

valium max safe dose buy cheap valium valium harmful

presentacion farmacologica de tramadol tramadol 50 mg pris pГҐ tramadol 50mg opiater

what kind of dr can prescribe phentermine where can i buy phentermine phentermine and eye pain

xanax and the military buy xanax purchase alprazolam Long Beach

冷え性に生姜

小雪が実践していま話題に!「生姜力」でこの冬は冷えない!

今日のメルマガは週刊女性11月24日号「小雪が実践していま話題に!」「生姜力」でこの冬は冷えない!という記事から。。。

今の日本人は50年前に比べると体温が1度も低いそうです。体温を出すのは、筋肉が40%、脳と肝臓で20%、、、そこに血が回らないと体温は上がらないそうなのですが、食べ過ぎや運動不足が血行を悪くして体温が下がるというわけです。ところで体温が1度下がるとどうなるか?なんと!免疫力が30%も落ちるそうで、免疫力が低下すると、「感染症になりやすい」「インフルエンザにもかかりやすい」と云うことになります。

それから代謝も12%落ちるそうです。代謝が落ちると(脂肪や糖分を燃焼しない)=(高血圧)=(メタボになる)また、低体温はうつ病の原因にも。うつ病は寒い地域に多いそうですし、体温の低い午前中は調子が悪く、午後になると調子が良くななるとか。更に、ガン細胞は体温が35度で最も増殖するそうです。昔ガンで亡くなる人は13万人だったそうですが、今は28万人。昔よりも医者の数が増え研究と治療法が進んだにも関らず、ガンで死亡する人の数は2倍に増える、、、という不思議な現象が起こっているのは、全て体温が下がっていることが原因だというのです。「冷える」というのはこんなにも障害が生じるのです。ちょっと恐い感じです。で、今注目されているのが生姜!200種くらいある漢方薬のうち150種に生姜が入っているそうです。

生姜力の効能

血管を拡張して血圧を下げる
胃液や腸液の分泌をよくして消化を助ける
脳の血流を良くしてうつ病に効く
細菌を殺す
発汗・去痰を促す
咳を鎮める
鎮痛・消炎作用
酸化防止 
解毒、浄化作用
体温を上げる

などなど様々な効能が期待できるわけですが、「体温が下がると色んな障害が出る」ということを考えると、最も注目する効能は「体温を上げる」という効能。1番のオススメは生姜と黒砂糖を入れた紅茶を1日3~6杯飲む。生姜を皮ごとすりおろし、お好みに応じて紅茶に入れるだけ。簡単なので1度お試し下さい~女優の小雪さんも生姜紅茶を飲むらしいです。 

▼こんな病気や症状に・・・▼

肥満、風邪、痛み全般、肩こり、冷え性、むくみ、便秘、吐き気、二日酔い、婦人病、胃炎、胃潰瘍、めまい、耳鳴り、疲労、夏ばて、心筋梗塞、ぼうこう炎、高血圧、糖尿病など・・・・

~編集後記~

以前メルマガで足が冷えた感じで、だるくなることがある時はマッサージと熱いお風呂と水風呂で血行を良くすると良い、、、というお話をしましたが、身体を温める、、ということに関しては生姜がとっても良いらしいですネ!昔すった生姜を背中に塗りたくるという生姜パックの人体実験をしたことがありました。勿論、塗るのは妻、塗られるのは私。。。(涙)もう熱いの熱くないの、、、身体が火照りだして、汗が吹き出て、、、我慢できず、、実験中止!笑。 身体を温めるには、生姜を身体に塗るのではなく、紅茶にすった生姜と黒砂糖もしくはハチミツを入れて飲むだけで十分だということが分りました~笑

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る