tramadol y cocaГ­na tramadol online pharmacy tramadol and dizziness

provigil directions use provigil modafinil when will provigil go generic

is it ok to take phentermine with synthroid buy phentermine online phentermine uk

order ultram Miami Gardens buy tramadol anxiety with tramadol

ambien 20 mg high buy ambien online physical withdrawal from ambien

klonopin withdrawal burning generic clonazepam klonopin sales

erowid tramadol snort buy tramadol pastillas tramadol 377

selegiline and tramadol buy tramadol tramadol headache side effect

valium effect on nervous system buy diazepam online valium 7.5

can you take tramadol with panadol buy tramadol oline severe nausea with tramadol

運動は若さを保つ秘薬

適度な運動は

 ○脳を活性化させる
 ○性機能の高める
 ○心臓を保護する
 ○免疫機能を高める
 ○代謝機能を高める

などなど、、、健康維持に欠かすことが出来ません。 それが、1日10分の運動でもその効果は24時間持続するそうなのです。 10分の運動で代謝機能が高まれば、24時間代謝機能が高められた状態にある、、、ということです。 それから例えば、 朝10分の散歩、夕方10分のジョギング、、、このように1日2回10分の運動をすれば連続して20分運動したのと同じ効果が得られるそうです。 上記の通り運動することにより得られる効果を考えると、「運動は若さを保つための秘薬」と言えるのではないでしょうか?

それから汗をかくことも重要! 汗をかくことで発がん性のある重金属や、アルコール、ニコチン、ナトリウム、コレステロールなど排出されるそうなのです。 ジムで運動しサウナで汗を流す・・・少しお金のかかる高額な運動ですが、とっても理にかなっていると言えます。 それに加え水分補給も重要です。 1日3リットルの水を飲みなさいという話しをよく聞きますが、水は消化を助け、栄養分を運び、不要なものを排出し、血流を良くする等・・・身体の働きに大きく影響するそうです。 適度に運動して、汗を流し、水分を補給して、、、そうすることにより、何時までたっても若々しく見えたりするのです。

50歳を過ぎた辺りから、その差がハッキリ見えてくる・・・という話しも良く聞きます。 インティバリのモットーにもしてます環境保護=健康=美。 その健康の部分で欠かせないのが運動です。 オーバーワークにならない程度の適度な運動を心がけましょう。。。

◆今日の一言◆

運動で1番大事なのは「楽しい」こと!楽しくなければ継続できません。

~編集後記~

当家では今バトミントンがブームです。 運動して、汗を流し、水分を補給する・・・ちゃんと実践しています^^ 私と妻はバトミントンを始めて6ヶ月。 もちろん友達も巻き込んで! 私は日頃野球やテニスをしていますが、初めてバトミントンをした日の翌日はかなりの筋肉痛でした。 妻に至ってはもう大変(笑)顔を動かすことも出来ず・・・ネットを立てたコートでするバトミントンは、かなりハードなスポーツだと実感しました。 それでも今は筋肉痛になることもなく、学校が休みになった子供達も一緒に週2回~3回、多い時は週4回、バトミントンを楽しんでます。 先日バリ島日本人会のスポーツ振興部主催でバトミントン大会が行われましたが、子供も含め60数名が参加! バトミントンは一応初心者でもゲームを楽しめるので、バリ島在住日本人の中では密かにブームになりつつあります。 ところで妻のバトミントンですが、、、手八丁、口八丁、気合と奇声と顔だけで、人から上手いと思わせる何かがあるようで(笑) 子供の頃からそんなに走るのが速くないのに、なぜか運動会でもリレーの選手に選ばれてしまうような、そんな何とも言えないところがあるようです笑。

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る