is tramadol a controlled substance in massachusetts cheap tramadol online compare codeine to tramadol

wellbutrin xanax interaction xanax no prescription can you get high off xanax bars

alprazolam Hampton buy xanax online xanax va bene per dormire

pink phentermine slimming tablets phentermine 37.5 mg weight gain after phentermine stopped

how much ambien can you take in one night buy ambien online zolpidem tartrate drug schedule

what kind of tea is like valium buy valium valium pharmacy bangkok

will xanax show up in a hair follicle test buy xanax xanax reviews for panic attacks

medication soma used soma muscle relaxant soma asya lojistik

who can take ambien buy ambien online buy zolpidem online El Monte

symptoms of allergic reaction to tramadol tramadol 50mg dosering tramadol kat

牛乳

牛乳は身体にとっても良い!但し、牛の赤ちゃんにとってはです!!

さて、今日は牛乳について少々・・・なぜ牛乳の話しかといえば「自然流育児のすすめ―小児科医からのアドバイス」という本に牛乳は言うほど栄養がない!と、ちょっと面白く書いてあり興味をもったから。著者の真弓定夫氏曰く、小児科の先生らしいのですが、牛乳は身体にとっても良い!但し、牛の赤ちゃんにとっては・・・(笑)赤ちゃんが母乳を飲むのと同じように、牛乳は牛の赤ちゃんが飲むものだというわけです^^そう言われれば、まぁ~そうです(笑

生物学的に言えば、、、哺乳類動物は、同種の乳で子を哺育する生き物のことで、ネコが犬の乳で育たないのと同じように、人間が牛の乳を飲むのは生物学的に云っても間違っていると・・・しかも、どの動物もある程度育てば乳を飲まなくなるのに、人間は大人になってもまだ乳を飲んでいると・・・(笑。何となく納得させられてしまう論理なのですが、そもそも、日本で市販されている牛乳は製品化の過程で牛乳に1番大事な乳酸菌が消えてしまっていると言うのです。乳酸菌とは、まぁ~身体に良い細菌なんですが、その細菌を最も効率よく摂取できるのが牛乳で、その牛乳が自然に発酵する気候の土地に住んでいる人達は自然の牛乳が自然に発酵したヨーグルトを飲んでいて、世界でも長寿らしいのです。なんだ、、、牛乳は凄いじゃないか~と思ったら、何やら、流通の過程で結核菌も混入してしまうらしく、日本では牛乳を過熱しすぎて必要な細菌まで殺してしまって・・・外国の牛乳は低温で加熱して結核菌のみ殺して大事な細菌は残っているそうで、このような牛乳を低温殺菌牛乳というらしいですが、これなら、まだカルシウム源やたんぱく質源になるそうです。

但し、やっぱり日本人には牛乳は向かないと。簡単に説明してしまうと、牛乳は肉食を主体としている牧畜民族の飲み物で、肉に不足しているカルシウムを補うために飲むそうで、身体自体、牛乳と折り合うように出来ているらしいのですが、日本人にはそのような力はないそうで・・・もし日本人が2000年~3000年の間牛乳を飲み続けたら、そのような力も身につくだろうと、こういうわけです。いずれにしても、私自身、牛乳は身体に合わないと感じています。牛乳を飲むと下痢になるのですから・・・・

~編集後記~

私が子供の頃は毎朝必ず牛乳を飲んでました。父が乳業の会社に勤めていたことも関係していると思いますが、まぁ~カルシウムなど栄養があるから・・・ということが1番の理由だったと思います。お正月には従兄弟達が祖父の家に集まるのですが、朝、私だけが牛乳を飲み、他の皆は紅茶・・・子供心に何かずるいなぁ~なんて思っていたことを覚えてます。今思えば何がずるいのか分りませんが(笑

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る