Loading

column

アロマオイルで認知症予防

香りの働き

たけしの家庭の医学という番組で「アロマオイルが認知症予防になる」と言われていました。

アロマセラピー(芳香治療)は古来より古来より世界各国で行われており医療や美容に優れた効力を発揮しています。その長い歴史がアロマセラピーの効力を証明しているとも言えます。香りが脳を刺激して、花粉症や月経痛に有効だったり、ホルモンバランスを整え自然治癒力を高めたりする作用があるということは、それだけ香りは身体に対する影響が強いえると思うのですが、

鳥取大学医学部の研究チームが、高度高度アルツハイマー病の患者さん65人を含む、高齢者77人を対象に、アロマセラピー(芳香治療)による脳への作用を調査したそうです。番組では、昼は集中力を高めて記憶力を強化するローズマリー」と「レモン」などを配合した精油を利用し、夜は鎮静作用のある「ラベンダー」と「オレンジスイート」などを配合した精油をおススメしていましたが、実験の結果、85%の人の認知が向上したそうです。人の記憶は香りと密接に関係しているとも言われます。何かの香りで懐かしい人や場所など、過去の思い出がよみがえったりすることもあるでしょう。この香りの記憶が脳の所々に格納されているらしく、香りの刺激によって記憶が引き出されるというのです。

このように、アロマセラピーは医学界でも注目を集めるようになってきました。

  • レモン
  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • オレンジ

柑橘系/トップノート

ビタミンCの補給源として重宝されているレモンは収れん作用、殺菌効果が高く、脂性肌の方に最適です。にきびや吹き出物、しみ、そばかすなど皮膚のトラブルに万能です。

ハーブ系/トップノート

刺激と甘さのハーブ。細胞活性化作用、抗菌化作用の高さから若返りのオイルともいわれます。

フローラル系/トップノ

清涼感あふれるフローラルトーン。アロマセラピーで最も頻繁に使われるエッセンシャルオイルで、万能オイルと呼ばれるほど用途が広く作用が穏やかなので、お子様にも安心して使用できる優れたオイルです。

柑橘系/トップノート

安眠のエッセンシャルオイル。万人に好まれるオレンジの爽やかな香りは心に安らぎを与えます。就寝前のアロマバスや寝室のフレグランスに最適。ラベンダーとのブレンドで相乗効果も期待できます。

お買い求めは

皆さまのご来店、心よりお待ち申し上げます。インティバリ・サヌール本店

インドネシア国内の配送はもちろん、バリ島から日本のご自宅までお届けするお取り寄せ通販サイト(インティスタイル

インティバリがプロデュースする日本国内通販サイト(プリム

関連記事

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

バリ島で石けんの泡が立たないのはなぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP