インティバリの無添加石鹸 VS 他のバリ石鹸

インティバリと他の石けんとの違いは何?

バリ島にはアロマオイルを配合した数多くの石けんブランドがあります。インティバリの標準サイズ90gで150円以下の石けんもありますが、インティバリでは、現地で調達できる素材だけでは理想とする石けんが作れず海外から取り寄せた素材も使用しています。そのため、他の石けんと比べますとインティバリの石けんは比較的高額です。この価格差を知る方から時折「インティバリの石けんは他の石けんと何が違うのですか?」と質問されることもあるのですが、そんな時は迷わず「成分」と「製造方法」そして「品質」へのこだわりだと答えています。

石けん成分へのこだわり

インティバリでは、娘の肌トラブル改善の為に始めた生活から経験的に得た、「合成化学物質による複合汚染が環境破壊や肌トラブルを引き起こす原因になっている」という考えから、天然成分100%の素材だけを石けんの材料にしています。保存料など合成化学物質は一切使用していません。また、石けんの香り付けには、高額ですが純正の精油(アロマオイル/エッセンシャルオイル)を使用。人工香料は使いません。
 
ヨーロッパ諸国では、有機栽培された素材を使った化粧品をオーガニックコスメと認定しています。主成分となる材料がオーガニックであれば、他の材料として合成化学物質が配合されていてもよく(化学肥料や農薬を使っていないオーガニック素材に合成化学物質を配合することに違和感を感じますが)、世界的にみても、天然成分100%の素材だけで作られた石けんは少ないように思います。
 
また、天然成分であれば何でも良いということではありません。上述の通り、現地で調達できる素材だけではインティバリが理想とする石けんが作れないため、海外から取り寄せられた素材も使用しています。そのため、他の石けんより高額になっていますが、材料を安くして品質を落とすことはしたくありません。石けんの材料に何を使うか?石けんの品質を決める重要な要素のひとつです。

コールドプロセス製法とは

インティバリ石けんは枠練りコールドプロセス製法で作られています。コールドプロセス製法とは油脂と苛性ソーダを反応させた際に発生する熱を利用して鹸化させる方法で、ホットプロセス製法のように熱を加えることなく、1か月~2か月間とじっくり時間をかけて熟成させて石けんを作り上げます。逆に言えばコールドプロセス製法では商品化まで時間がかかり、また大量生産には向きませんが、熱を加えないコールドプロセス製法なら、厳選した素材の効能をしっかり保つことができます。また、製造工程において保湿成分のグリセリンが作られますので、より保湿力にすぐれた石けんになります。
 
ただ、グリセリンが含まれる石けんは溶けやすいです。塩析処理をしてグリセリンを取り除き、溶けにくい石けんを作ることも可能ですが、インティバリでは、せっかく生成された保湿成分を取り除くようなことはしてませんので、使用後はよく水を切って下さい。

品質へのこだわり

このように、石けんの品質は「石けんの成分」と「製造方法」により決まります。お肌に優しい素材を使いコールドプロセス製法で作られるインティバリの石けんは保湿力に優れ、泡切れもよくさっぱりしたマイルドな使用感になっています。また、娘の肌トラブル改善のために実際に使って良かったモノだけを商品化しています。私たちが使い続けてきた年数が、そのまま人体実験をしてきた期間とも言えます。このようなインティバリのこだわりが
 

このようなインティバリのこだわりが認められ、バリ島5つ星ホテル・アヤナ スパ&リゾートのスパでインティバリ製品が使われています。
 

PS
バリ島で売られている石けんの多くが、「天然由来成分」「自然派」「ナチュラルコスメ」「オーガニックコスメ」「手作り」を謳っていますが、それぞれの言葉に共通の定義があるわけではありません。これらの言葉は植物系の素材をイメージさせると思いますが、たとえば、石油などの鉱物も天然由来成分です。それらを材料にした石けんは植物系とは異なり劣化せず長期保存が可能ですし安価です。中には、石油系の材料で作られた石けん素地を溶かしてハーブやアロマを加えて合成着色料で色とりどりにして「天然由来成分」「自然派」「ナチュラルコスメ」「オーガニックコスメ」「手作り」と称しているモノもあります。ですので、インティバリでは、なるべく「天然由来成分」「自然派」「ナチュラルコスメ」「オーガニックコスメ」「手作り」という言葉は使わず、「天然成分100%」と謳っています。

この記事の著者

岡柳 薫~本物を手にする喜び~

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、実体験に基づき、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る