Loading

column

水分補給だけでは不十分、塩分補給で熱中症の予防

日本はかなりの猛暑が続いていると聞きます。この時期は、性別や年齢に関わらず、またどこに居ても、熱中症(熱射病)にかかる危険性があるので油断は禁物。ただ、予防策がありますので、シェア出来ればと思います。

熱中症の原因

野外、屋内に関わらず、高温・多湿の環境に身を長時間置くと、体内の水分と塩分のバランスが崩れてしまい、体温調節が出来なくなっておこる症状が熱中症(熱射病)です。

軽度の熱中症においても、手足がしびれたり、筋肉痛の症状が見られますし、頭痛や吐き気が伴うこともあります(中度)。重症の場合は体内温度が上がり意識を失うこともあります。自分自身が今どのような状態なのか把握することで、重度の熱中症を回避したいものです。

熱中症対策

熱中症予防として、こまめな水分補給が挙げられますが、実は水分補給だけでは不十分です。それどころか、場合のよっては、水分補給が熱中症を悪化させることもあるのです。

体内温度が上昇すると、水分だけではなく、塩分やミネラル分も奪われます。このような状態で、水分補給だけ行うと、体内の塩分、ミネラル分の割合が下がり熱中症を悪化させてしまいます。ですので、熱中症を予防する際は、水分補給と共に塩分の補給も必要不可欠となります。

水分と塩分の補給

インティバリでは、熱射病対策として、ミネラル分豊富の、バリソルト(天然天日塩)を1~2g程度、あるいはソルトドロップ(にがり)を小さじ1杯程度を1リットルの水に混ぜて飲むことをおススメしています。

天然天日塩バリソルト

長い歳月をかけて地球を周回する海洋深層水が上昇してくるバリ東部。太陽光も届かない深度1000m以上の深海で大気汚染に触れることもなく、微生物などにより海の栄養分を損なわれることもなく上昇してきたその海水から、道具など無かった古き時代から伝わる独自の製塩法により採取したクサンバ産の天然塩。海のミネラルをバランス良く含んだ天然塩は食材の持ち味を引き出す至宝の調味料です。

無調整にがり・ソルトドロップ

海洋深層水に含まれる多種のミネラルが濃縮されているインティバリの天然天日塩からしたたる(しずく)を採取した成分無調整にがり!お豆腐を作るのに必要な材料として知られている「にがり」にはインティな生活に欠かすことの出来ない様々な用途があります。

 

お買い求めは

バリ島から日本のご自宅までお届けするお取り寄せ通販サイト
インティスタイル

関連記事

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

ハワイではサンゴ対策で2021年から日焼け止め禁止

乳児湿疹~乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビ、あせも対策~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP