Loading

column

インティバリの石けんはニキビ肌にも使えますか?

ユーザー様からお問い合わせがありましたのでシェア出来ればと思います。
数年前に「グリセリンはニキビの原因と言われるアクネ菌を増殖させる傾向にある」というような研究発表がありました。この発表を受けて「ニキビ肌の人はグリセリン配合の化粧品は避けたほうがよい」と言われるようになったのですが、インティバリの無添加石けんも(天然成分100%の素材だけを材料に、コールドプロセス製法で作られていますが)製造過程の中でグリセリンが生成されるため、「インティバリの石けんはニキビ肌に使えるか?」という疑問が出たかと思います。この件に関して、インティバリの見解を述べます。

グリセリンとは

グリセリンとは、多くの化粧品に配合されている保湿成分です。ただ、私たちの肌に分泌された皮脂が分解されるとグリセリンと脂肪酸になります。このように、本来グリセリンは私たちの肌に存在している成分です。ゆえに、肌に対して違和感なく低刺激ですから、保湿補強を目的とした多くの化粧品に配合されています。乾燥肌、敏感肌の方にとっては相性の良い成分と言えます。しかしながら、「グリセリンは他の保湿成分よりアクネ菌を増殖させる」という研究発表があって後、ニキビで悩む人たちの間でグリセリンフリーの化粧品が注目されるようになりました。そして、それなりの成果もあるという話です。

インティバリの見解

結論から言いますと「インティバリの石けんはニキビ肌にも使えるか?」という疑問に対して「使えます」とお答えします。

インティバリが奨励するニキビ対策は、ニキビの原因と言われる毛穴に詰まった皮脂や汚をオイルクレンジングで浮かしてキレイに洗い流すことから始めますので、より洗浄力に優れる石けんでの洗顔をおススメしています。インティバリの石けんは濃度が薄まれば洗浄力を失い分解され、洗い上がりがさっぱりするのに対し、合成化学物質が主成分のモノは濃度が薄まっても洗浄力を保ち、また、分解されることなく肌に残留します。このようなことから、石けんに含まれているグリセリンより肌に残留する合成化学物質の方がリスクが高いという考えに基づいています。また、保湿強化を目的にしたグリセリン配合の化粧品を洗い流すことなく肌に使用すれば、アクネ菌が増殖してニキビの原因になることもあると思いますが、石けんは洗い流しますし、洗顔後はアクネ菌の増殖を抑えるために、抗菌作用、消毒作用に優れるローズウォーターで保湿し、保湿クリームで覆いこむというニキビ対策のステップを実践して頂くという前提もあります。

関連投稿

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

フェスティバルインドネシア2018~お客様の声~

インティバリのスキンケアで床ずれ改善

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP