Loading

column

ニキビ肌に悩むティーンエイジャーのスキンケア

ニキビ肌で悩む19歳女子から対策を相談されましたのでシェアしたいと思います

インティバリでは、ニキビ肌対策として、無添加石けんで洗顔し、ローズウォーターで抗菌、保湿クリームで保湿する3ステップをおススメしています。が、その通りにしたら、粉を吹くぐらいお肌が乾燥したそうなのです。なぜでしょう?

考えられる原因はなに?

まず、ニキビの原因は思春期からくるホルモンバランスの乱れからだと思われます。ホルモンバランスが崩れることにより新陳代謝が悪くなり、古い角質が毛穴に残って皮脂や汚れが溜まりニキビになると言われていますので。

また、ニキビ肌を隠すためにお化粧をすることもあるかと思いますが、ファンデーションやメイクコスメが毛穴に詰まっている可能性もあり、それがニキビなど肌荒れを悪化させた可能性も考えられます。

あるいは、ニキビ肌対策として薬用化粧品を使っていたら、その使用を止めた途端にニキビ肌になることもあります。薬用化粧品は抗菌、殺菌作用が強く、肌のバリヤー機能を担う常在菌まで殺してしまいます。薬用化粧品を使用している期間は、他の雑菌も殺菌しますので、一見、お肌トラブルを抑えているように思えますが、薬用化粧品の使用を止めると、一気に雑菌が繁殖してしまうこともあります。この場合、お肌を正常化するのに少し時間がかかることも。

更に、生活習慣から便秘などにより新陳代謝が弱まっている可能性も考えられます。その場合は、ぜひ食生活を見直してもらいたいと思います。

 

まとめ

このようなことから、もしお化粧がキレイに落としきれておらず毛穴に詰まったままだったとしたら、洗顔してローズウォーターで抗菌、殺菌してもニキビは改善されません。こうなると、もっと入念にスキンケアが必要だと思い、例えば、抗菌、殺菌作用のあるローズウォーターを過度に使用してしまうと、逆に乾燥肌を招くこともあり得ると思います。特に思春期によりホルモンバランスが崩れている場合、過度のスキンケアは逆効果です。

肝心なことは、まずお化粧をしっかり落とすこと。そして、過度なスキンケアは避ける。その上で、インティバリがおススメするニキビ対策をお試しください。

関連記事

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

オピニオン21「何にお金を払うか」Vol.6

インティバリの成分がシンプルなわけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP