Loading

column

医薬部外品のリスクを考える

ニキビ肌に悩む19歳女子から対策を相談され、考えられる原因について記載した記事があります。その原因として薬用化粧品の使用とそのリスクについて言及したのですが、

今回、もう少し掘り下げて薬用化粧品(医薬部外品)のリスクについて述べます。

医薬部外品とは?

薬用化粧品(医薬部外品)とは、パッケージに「医薬部外品」と記載されている化粧品です。文字通り、医薬品ではない化粧品ですが、インティバリのような化粧品と何が違うかと言えば、「医薬部外品」には厚生労働省から認定された有効成分が規定量配合されていることです。有効成分とは、簡単に言うと薬品のことです。このように言いますと、凄い効能をもった化粧品というイメージがありますが、医薬品ではないので、作用が穏やかで、一般的には薬のような副作用も「医薬部外品」にはないと言われています。効能的には、化粧品と医薬品の間に位置するのが医薬部外品と言えます。

医薬部外品には副作用がないのか?

しかしながら、医薬部外品には本当に副作用がないのでしょうか?
今から数年前に、王手化粧品メーカーが開発した「ロドデノール」という美白成分を配合したローションなどの美白化粧品が発売されていましたが、その化粧品が白斑など肌トラブルを引き起こす原因になったとされ自主回収した問題がありました。ただ、自主回収はされましたが、実際問題として、白斑などの肌トラブルと「ロドデノール」の因果関係が明らかになっていないのです。つまり原因が究明されておらず、また責任の所在もはっきりしないのです。どういうことかと言えば、まず

因果関係と責任の所在

美白効果が認められた有効成分は、この「ロドデノール」以外にもあり、他のメーカーの美白化粧品には別の有効成分が配合されています。白斑などの肌トラブルと「ロドデノール」の因果関係が明らかになっていないということは、可能性として他の美白化粧品で白斑などが発症した疑いもあると思います。

美白効果の作用は、皮膚に深く浸透し、メラニン色素(黒くする作用)を抑制することで得られる効果で、かなり強力な有効成分です。そして、どの美白化粧品にも、同等の作用がある美白成分が配合されていると考えられます。皮膚の奥深くまで浸透する強力な物質(強い薬)には、それ相応の副作用があるはずです。「ロドデノール」だけでなく、どの美白成分にも同等のリスクがあると思います。

また、「責任の所在がはっきりしない」と述べましたが、この「ロドデノール」は厚生労働省に認可された美白成分です。肌トラブルと「ロドデノール」の因果関係が解明されていないので、責任を追及することはできませんが、

言えることは、複雑化した現代社会においては、何らかの身体上のトラブルは色んな要因が絡み合った結果という見方が強く原因を特定することは不可能に近いでしょうし、「継続して使い続けたらどうなるか?」「その成分単品での安全性は確認できたとしても、他の有毒物質と結びついて毒性を増す可能性はないのか?」ということは検証できていないので、必ずしも厚生労働省が認可した物質なら安全とは言い切れないと思うのです。

最後に

比較的穏やかな作用といわれる医薬部外品ですが、それでも医薬品に配合される成分が微量ですが含まれていますし、使い続ければそれなりの副作用があると思われます。医薬品と同じで効果が絶大なほど、それに伴う副作用というリスクが高まります。また、インティバリのような化粧品とは違い、医薬部外品は全成分を表示する必要がありませんので怖い部分もあります。ただ、自分も含め、全成分が表示されていたとしても、実際は、表示されている成分をみても、それがどんな物質なのか分からず、成分表示を見ず商品を買ってしまうことも多々あると思いますが、とにかく、医薬部外品と表示されている化粧品には、何らかの副作用があると思われるので、抵抗力が弱い妊婦の方や赤ちゃん、肌が弱い人は避けた方が無難です。

関連記事

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

オピニオン21「言動一致で筋通す決意」Vol.7

インティバリのローズウォーターをご愛用頂いた91歳のご婦人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP