Loading

column

「アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少」という記事を読んで思うこと

2018年12月21日に下記のような記事が掲載されました。

この記事の中にある「抗菌、除菌グッズが増え、子育て環境は清潔になっている。こうした環境で育った子供は免疫を十分獲得できず、成長過程でアレルギー体質になりやすいと言われる(赤字部分)」というのは、正しく抗菌、除菌の有効成分による副作用だと言えます。この副作用に関して言及したいと思います。また、「保護者に保湿などスキンケアの意識が広がったためではないか(赤字部分)」も気になります。

「アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少」/毎日新聞


アトピー性皮膚炎を発症している中高生の割合が過去最多となったことが、文部科学省が21日公表した2018年度学校保健統計調査(速報値)で明らかになった。一方、幼稚園児は過去最少で、文科省は「幼少時に清潔な環境で育ち、免疫を獲得できずにアレルギー疾患となる子供が増えている可能性がある」と指摘した。

調査は4~6月、全国の国公私立の幼稚園や小中高などの児童・生徒を対象に実施。全体の25%にあたる約342万人を抽出して健康状態を確認した。アトピー性皮膚炎の発症者は中学校2・85%、高校2・58%で、いずれも過去最多となった。小学校は最も割合が高く、前年度比0・14ポイント増の3・40%だった。一方、幼稚園は2・04%で過去最少となった。

文科省の担当者は「はっきりした要因は不明」としつつも、専門家の意見として「抗菌、除菌グッズが増え、子育て環境は清潔になっている。こうした環境で育った子供は免疫を十分獲得できず、成長過程でアレルギー体質になりやすいと言われる」と説明。幼稚園児のアトピー性皮膚炎が減っているのは「保護者に保湿などスキンケアの意識が広がったためではないか」と指摘した。

アレルギー体質の子供は耳や鼻の疾患にもなりやすいとされ、今回の調査では耳疾患が小学校と中学校で、鼻・副鼻腔(びくう)疾患が小学校と高校で過去最多となった。

【伊澤拓也/引用元の記事

抗菌、除菌グッズの副作用

一般の化粧品や医薬部外品に配合されている抗菌、除菌作用が認められる有効成分は合成化学物質です。医薬品ではない分、穏やかな作用と言われますが皮膚表面の菌を殺すだけの効能があります。ニキビや炎症による肌荒れなどの原因は皮膚表面に繁殖する細菌の場合がほとんどですので、肌に繁殖する菌を殺してしまえば肌トラブルを回避することが出来るのですが、それなりのリスク=副作用も伴います。

菌と言っても全ての菌が悪というわけではなく、たとえば常在菌は肌のバリヤー機能を担っているのですが、化粧品や医薬部外品に配合されている有効成分はこの常在菌まで殺してしまう。わたしたちが本来備えている肌のバリヤー機能まで有効成分の効能で抑え込まれてしまうのです。それゆえに、有効成分が配合されている化粧品や医薬部外品を使い続けている期間は、肌トラブルを抑え込んでくれるわけですが、使用を止めた途端、肌のバリヤー機能が損なわれている肌表面に菌が繁殖し肌トラブルを引き起こす。化粧品や医薬部外品だけでなく、除菌・消臭スプレーや中には洗剤にも同等の成分が配合されており、衣類だけでなく、直接肌に触れるシーツや枕、ソファーなどそれらの製品を使用すれば、肌に付着し、同等の症状を引き起こすこともあります。

また、「薬用石けん VS インティバリ石けん」にも記載しましたが、この抗菌、除菌作用のある有効成分は、ある意味、抗生物質と同じで、長期的に使用すれば、抗生物質の効かない身体になってしまう。免疫力を弱めてしまうだけでなく、いずれ有効成分が効かなくなってしまうリスクを伴っていると言えます。

「保護者に保湿などスキンケアの意識が広がったため」とは

上記の考察が正しければ(未だアトピーの原因は解明されておらず、専門家の間でも賛否両論)、スキンケアの意識とは、決して抗菌、殺菌作用のある化粧品や医薬部外品に頼るのではなく、逆に「過度のスキンケアを控える」という意味に他ならないと思うのです。色々と化粧品を揃え、念入りにスキンを施しても、その主成分が合成化学物質であれば、肌が敏感な状態にある時、どれかの成分が肌に合わず刺激になる可能性が高い。その成分がほんの微量と言えども、敏感な肌はそれを察知するのです。ならば、スキンケアは必要最小限に留めるのが望ましい。たとえば、インティバリがおススメするスキンケア4ステップ。

更に、生活習慣も大きく肌トラブルに影響しています。食生活もそうですし、シャンプーやリンス、洗濯洗剤や抗菌・消臭スプレーの多用もそうです。そいうった、疑わしいモノを出来るだけ排除した生活環境づくりが「スキンケアの意識」と言えるのではないでしょうか。

関連記事

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

肌トラブル対策4ステップ~この先差がつく美肌~

カカオバターの特徴と効能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP