Loading

column

ミネラルオイル(鉱物油)のメリット&デメリット

ミネラルオイルとは、原油から石油を精製する過程で不要となった油分を精製したオイルで鉱物油とも言われます。
インティバリでは使用していない成分ですが、その特性から多くの化粧品類に配合されているこもとあり、敏感肌、乾燥肌、ニキビ肌などトラブルを抱える方は、そのメリットとデメリットを把握した上で、用途や目的に応じて使い分ける必要があるかと思います。

ミネラルオイルのメリット

安価
酸化しないので安定した素材
吸着性が強く、肌に塗ったら落ちにくい
肌に浸透せず、よく伸びる

「原油から石油を精製する過程で不要な油分を精製したのがミネラルオイル(鉱物油)」と言うと、石油の余ったカスから作られたオイルで、肌に悪いイメージもありますが、それは昔の話です。精製技術が未熟な頃は不純物が混入しており、発がん性があったり、シミの原因になると言われていましたが、精製技術が進歩した今、ミネラルオイルに有毒性はないと言われています。

また、石油を精製する過程で不要な成分から精製されているので安価。何よりも、酸化しない安定した素材で、しかも吸着性が高く肌への浸透性がないので、よく伸び一度塗れば中々落ちないという特徴があります。このような特性から、ミネラルオイル(鉱物油)はファンデーションや口紅、アイシャドウなどのメイクアップ化粧品や日焼け止めなどの基材に最適です。成分表示には、ワセリンやパラフィンと記載されている場合もあります。

ミネラルオイルのデメリット

肌に浸透しないので、美容・スキンケア効果はない
吸着性が強く、肌に塗ったら落ちにくい(肌トラブルの原因に)

たとえば、インティバリ保湿クリームの主成分をミネラルオイルにした場合、低価格で使用期限の長い製品になるとは思いますが、肌に浸透しないので、保湿作用など美容・スキンケア効果は期待できません。また、吸着性が強いので、中々落ちないのですが、それが毛穴を塞ぐ原因にもなりそうです。ミネラルオイルが主成分のメイクアップを寝る前に落とす理由は、毛穴を塞いでしまうことで肌荒れなどトラブルの原因になるからです。

ミネラルオイルが主成分となるスキンケア系コスメのデメリットについて

一般的なクレンジングオイルやベビークリーム、保湿クリームなどはミネラルオイルが主成分になってるモノが多いです。ミネラルオイルのデメリットがそのまま製品のデメリットになってると思われます。


ミネラルオイル(鉱物油)のメリット&デメリット まとめ


ミネラルオイル(鉱物油)の特徴として優れたメリットがありますが、化粧品に配合すると、そのメリットがそのままデメリットになる場合があります。ファンデーションや口紅、アイシャドウなどのメイクアップ化粧品や日焼け止めなどの基材としては最適だと思いますが、ミネラルオイルが主成分の保湿クリームやベビーオイルは肌に浸透する保湿効果は期待できません。ミネラルオイルを主成分に乳化剤を配合した乳液なども同様で、美容やスキンケアには役立ちません。また、ミネラルオイルが主成分のクレンジングオイルもありますが、その特性から強力な界面活性剤が配合されている製品が多いように思います。

ご自身の肌質に合わせ、用途や目的に応じて使い分ける必要があるかと思います。

岡柳 薫インティバリ代表

投稿者プロフィール

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

カカオバターの特徴と効能

敏感肌の方は知っておきたい!ベビーオイルの主成分から見る効能 鉱物油 VS 油脂

関連記事

  1. 敏感肌の方は知っておきたい!「薬用石けん」のリスク

    2017.11.05
  2. 敏感肌の方はご注意!柔軟剤が肌荒れの原因かも!?

    2018.02.07
  3. 敏感肌の方は弱酸性ソープの成分にご注意

    2017.11.04
  4. 敏感肌の方は知っておきたい!オーガニックコスメの不思議

    2017.10.17
  5. 汚れを落とす界面活性剤の作用

    2018.02.05
  6. お肌のサランラップ 合成ポリマーは疑わしきモノ

    2017.09.26

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP