dosage for tramadol in dogs buy tramadol cod tramadol over de datum

ambien habituation buy ambien online buy non generic ambien

buy ambien online Pueblo buy ambien online buy ambien Tallahassee

zydol tramadol hydrochloride tablets buy tramadol online tramadol 50 mg ervaringen

is it ok to take tramadol with paracetamol buy tramadol no prescription stoppen met tramadol 50 mg

retin a cream for acne retin a cream where to buy retin a cream

soma teiaş eğitim merkezi iletişim buy soma online shokugeki no soma chapter 22 raw

klonopin for a hangover generic klonopin does klonopin worsen depression

ambien interaction with nyquil zolpidem online can you shoot up ambien cr

will xanax help with paxil withdrawal buy xanax heavy xanax use

クレイバスソルト

バリ島の天然塩クレイ・バスソルト

CLAY BATH SALT
クレイ・バスソルト

旅行用にクレイ・バスソルト
波動が高いといわれるシリカ(ケイ土)が主成分で古来よりフランスを中心にヨーロッパ各地で医療や美容に利用されてきたクレイとミネラルをふんだんに含むインティバリの天然天日塩のコンビネーション。 体内浄化作用、保湿作用、血行促進、殺菌・浄化作用に優れます。無香料、無着色。 敏感肌の方にも安心してご使用いただけます。

ということで、分かりやすく言うと、インティバリのクレイバスソルトは天然の入浴剤です。 このバスソルトの最大の特徴は「熱の浸透力」で、要するにお湯が冷めにくくなり、そして熱が身体に浸透するので身体の芯まで温まることが出来るわけです。 インティ流アンチエイジングでも述べているのですが、身体の芯まで温まるとこで血流が良くなり、また一時的にでも体温を上げておけば身体の機能が増す。1日の疲れを癒すだけでなく、老化の速度を緩めることが出来るわけです。 足浴、手浴だけでも十分!まぁ~一度、インティ流アンチエイジングをお読みくださいませ。

インティ流アンチエイジングを読む

使用上のご注意

バスソルトに配合されているクレイは金属及びプラスティックに対して侵食性(錆びさせる)があるので、体内に金属(ペースメーカー、接骨ボルトや避妊リング等)が入っている方はご注意ください。 また、浄化槽を使っている浴槽でインティバスソルトを使用されると金属部分を損傷する可能性があります。 また長期保存する場合はガラス瓶や陶器などに保管することをお勧めします。


クレイバスソルト・お土産バージョン バリ島ロンタールの籠入り

クレイ~大地の恵み~
~大地の恵~クレイとは河岸の地下40m~60mに眠る粘土質で、古来よりフランスを中心にヨーロッパ各地で医療や美容に利用されてきました。 クレイは採掘された土壌の地質により成分と色が異なりその成分と色で分類されますが、どれも主要成分は波動が高いといわれるシリカ(ケイ土)で、それにマグネシウム、カルシウム、鉄分、ナトリウム、亜鉛、クロロフィル、その他酵素などの有機体ミネラルが含まれています。 これらは体内に吸収されマイナスイオン化し、身体が秘めている自然治癒力を活発にして免疫、内分泌ホルモン、神経系のバランスを整え、体内の毒素を排出し身体を弱アルカリ体質に変える働きがあります。 また、バクテリアやウイルスなどの活動を鎮静、無力化するともいわれます。 最近ではアトピーなどの現代皮膚病の治療にも役立っているようです。 また、クレイには血液の循環を良くし、老廃物などの古い角質を皮膚から取り除いて新陳代謝を正常化し、皮膚再生や余分な脂分を取り除く特性があるので、ヨーロッパではフェイスケアやバストケアなどの美容にも利用されています。

お土産用クレイバスソルト

この記事の著者

intibali

インティバリは次世代への影響を視野に入れながら、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作りを提案します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る