エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)の利用法

ベーシックアロマ

葉っぱにアロマ1滴!リンゴ型アロマディフューザー

専用のディフューザーを利用して室内に香りを拡散させます。夜ならアロマポットでエッセンシャルオイル(精油/アロマ)を加えた水をキャンドルの炎で温めることで香りと共にキャンドルの炎を楽しむことも。又は、簡単にカップに熱湯を入れその上に数的たらしても同じく香りを拡散させることができます。

 

同じように、浴槽に入る直前に6~8滴入れてアロマバスに。比較的狭い空間にあるバスルームは香りを閉じ込めるのに効果的です。エッセンシャルオイル(精油/アロマ)をキャリアオイル(トリプルナッツオイル)で希釈しバスソルトを加えれば、香りと共に、身体の芯まで温まることの出来る天然の入浴剤にもなります。

 

ハンカチなどにエッセンシャルオイル(精油/アロマ)を数滴染込ませて香りを携帯すればどこでも簡単に好きな香りで気分をリフレッシュすることができます。
(ハンカチはしみになることがありますので、ご留意下さい)

オーガニックハウスキーピング

最近は人工香料により健康を害する人が増え社会問題にまでなっている通り、人工香料は化学物質過敏症やアレルギー、喘息、咳喘息、偏頭痛、などの症状を引き起こす原因になることがありますので日常から出来るだけ排除したいものです。

 

500mlの水にエッセンシャルオイル(精油/アロマ)を20滴~30滴混ぜて霧吹きスプレーしてルームフレッシュナ-や消臭スプレーに!部屋やキッチンの消臭・空気清浄に。ゴミ箱や排水溝に数滴落として消臭。床拭きの際に数滴混ぜて殺菌,虫の駆除!洗濯物の消臭,殺菌に!小さいお子様のいるご家庭にオススメです。

 

合わせて読んで頂きたい記事:人工香料による公害アロマの香りでゴキブリ退治

スキンケア

キャリアオイルに0.5%~1%の割合で希釈し独自のマッサージオイル,ヘアオイル,バスオイル,ボディオイルなどに。15mlのキャリアオイルにエッセンシャルオイル(精油/アロマ)を10~15滴でパフュームオイルにも!お肌の敏感なところへのご使用はお控え下さい。体温により少しずつ香るアロマセラピーは実は一番有効な精油の使い方なのではといわれています。香るだけでなく、実際に肌からもその有効成分を取り入れることができるからです。お肌の状態により有効な精油を選んでお使い下さい。

快眠促進

枕元にリラックス効果のあるラベンダーを中心にお好きなエッセンシャルオイル(精油/アロマ)を1滴たらして寝ると深い眠りにつくことができます。また枕元近くにエッセンシャルオイル(精油/アロマ)を1滴たらしたタオルをおいて寝るのも有効です。ほのかに香るくらいがベスト。強い香りは天然といえども頭痛の原因になります。お気をつけ下さい。快眠は明日への活力。しっかり寝ましょう。

花粉症対策

エッセンシャルオイル(精油/アロマ)で花粉症対策が出来ます。エッセンシャルオイル(精油/アロマ)の中でも特に、ユーカリ、ティートゥリー、ペパーミント、ラベンダー、ホワイトティートゥリーなどが花粉症に有効と言われています。もし、花粉症でお悩みなら芳香療法を試してみてください。

 

合わせて読んで頂きたい記事:花粉症対策

この記事の著者

インティバリ~本物を手にする喜び~

インティとは、インドネシア語で精華、真髄、本質、最も大切なことの意。
次世代への影響を視野に入れ、環境保護=健康=美をモットーに世界各国より厳選した天然成分100%の素材だけで作った無添加石けん、ボディオイルにアロマオイル、保湿クリームやルームグレグランスなど自然の恵みをふんだんに活用した生活、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る