Loading

column

ココナッツオイルでアルツハイマー予防

アルツハイマー病の主な原因と治療法

出来るだけ分かりやすく簡単にまとめたいと思います。カラダは体内のブドウ糖をエネルギーに変えて動くのですが、老化と共に脳がブドウ糖を上手くエネルギーに変換できなくなり、脳細胞がガス欠状態になり認知障害を引き起こすと言われています。その治療法として「ケトン食療法」という食事療法があります。ケントというのは、体内にブドウ糖が不足した緊急事態において、その代替えエネルギーとして脂肪が肝臓で分解され分泌されるのです。この体内の作用を利用して、食事を制限して人為的に体内のブドウ糖が不足する状態を作り、ケントというエネルギーを得るという方法なんですが、栄養のバランスに気を付けないと身体が弱るもろ刃の剣といえそうです。

ココナッツオイルの作用と使い方

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸というのが含まれており、この中鎖脂肪酸が肝臓で分解されるとケントにります。どういうことかと言えば、人為的にブドウ糖を不足させなくても、ココナッツオイルを摂取するだけで体内にケントが作りだされ、ブドウ糖の代わりに脳の働きを活性化させることが出来るわけです。ココナッツオイル大さじ1杯を1日3回摂るぐらいが目安のようです。最初はお腹を下す人もいるようですので、少しずつ始めると良いかと思います。

関連記事

インティバリ本物を手にする喜び

投稿者プロフィール

インティとは、インドネシア語で精華、真髄、本質、最も大切なことの意。
次世代への影響を視野に入れ、環境保護=健康=美をモットーに世界各国より厳選した天然成分100%の素材だけで作った無添加石けん、ボディオイルにアロマオイル、保湿クリームやルームグレグランスなど自然の恵みをふんだんに活用した生活、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。

バージンココナッツオイルでヘアケア

インティバリのオマージュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP