天然成分100%のこだわり

なぜインティバリは天然成分100%にこだわるのか?

インティバリは「環境に悪いモノ」「身体に悪いモノ」「疑わしきモノ」を出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。その「環境に悪いモノ」「身体に悪いモノ」「疑わしきモノ」とは、本来自然界には存在していない化学的に合成してつくられた物質、すなわち合成化学物質も含みます。合成化学物質の有毒性は化学的に証明されたわけではありませんが、無害と証明されたわけでもありません。化学的に証明されたことだけが真実という考えは化学の世界だけの話で、私たちにとっては、化学で証明されてからでは遅いこともあると思うのです。何よりも、複合汚染という言葉通り、自然界に見られる異常は様々な要素が重なった結果という見方が強く、原因を特定することが難しくなっているのも事実。「現代化学では証明できない」という思いがあります。

 

このような中でインティバリは、その合成化学物質を使用しない天然成分100%の素材だけを材料にして商品開発を行っています。もちろん天然成分であれば何でも良いということではなく、それぞれ素材が持つ特徴や効能を精査した上で、世界各国から厳選した素材を使い、その製造工程にもこだわって製品化し、実際に使ってみて良かったモノだけを商品として世に送り出しています。
 

但し、「天然成分100%が全ての人によい」とは言いません。実際、ある特定の天然素材にアレルギー反応を示す方もいますし、天然成分であっても超敏感肌の方は刺激を感じることもあります。場合によっては、化学的に合成された超低刺激のモノしか使えない方もいるでしょう。インティバリでも、天然成分100%で低刺激の商品展開をしていますが、あくまでもインティバリのこだわりであって、天然成分100%が全てにおいて正義とは言いません。ただ、「人任せにしたくない」「自分自身で考え最善の選択をしたい」という思いが「天然成分100%」というこだわりになっています。
 
これが、娘の肌トラブル改善のために食生活を一変させ、また、今まで使用していた合成化学物質が主成分の石けんやシャンプー、歯磨き粉を生活から排除して娘の肌トラブルが改善された経験から得た結論です。

この記事の著者

インティバリ~本物を手にする喜び~

インティとは、インドネシア語で精華、真髄、本質、最も大切なことの意。
次世代への影響を視野に入れ、環境保護=健康=美をモットーに世界各国より厳選した天然成分100%の素材だけで作った無添加石けん、ボディオイルにアロマオイル、保湿クリームやルームグレグランスなど自然の恵みをふんだんに活用した生活、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る