表ではあまり言わないインティバリの裏情報ブログ

menu

裏インティバリ

バスボムの効能と作り方

バスボムの効能

重曹とクエン酸と塩でバスボムが作れます。
バスボムって、お風呂に入れるとシュワシュワシュワーって泡がでる入浴剤のことです。重曹とクエン酸で炭酸になるので「美肌の湯」で話題になった炭酸水素塩泉を自宅で楽しめるわけです。基本となる材料は、重曹とクエン酸、それからインティバリ的にはバスソルトとボディオイルも加えます。その効能をまとめると、消臭効果、洗浄効果、除菌・抗菌作用、血行促進、冷え性の改善、保湿などなど。それぞれの材料が持つ効能がそのまま有効になります。

バスボムの作り方

重曹とクエン酸とバスソルトを3:1:1の割合でよ~く混ぜる。
ボディオイルを数滴加えて混ぜる(アロマオイルを一滴加えれば香りも楽しめます)。
コネコネできるように霧吹きなどを使い水を少し加える。
コネコネして形を作る(クッキーなどお菓子の型に入れても良い)
あとは冷蔵庫に入れて乾燥させるだけ。

材料さえ揃えてしまえば簡単に作れます。

The following two tabs change content below.
6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。

最新記事 by 岡柳 薫 (全て見る)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

長女がTwitter始めました

ジャカルタ生まれのバリ島育ちで慶應SFCに在学中の長女がTwitterを始めました【こちら

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。