表ではあまり言わないインティバリの裏情報ブログ

menu

裏インティバリ

動物実験と化粧品にまつわる話

動物実験反対を唱える化粧品メーカーってありますよね。世間で動物実験反対の声が大きくなって、その波に乗った感じだとは思いますけど、ちょっと僕的には違和感あります。

そもそも「動物実験」と「化粧品」に何の関係があるのか?

それは化粧品に配合されている合成化学物質の安全性を確認するのに動物実験が行われているからですよね?動物実験って、「ある物質をどれくらい摂取すれば身体に害がでるのか」を検査する実験で、生きた動物を虐待してるのに等しく思えるので反対する声が強いわけです(もちろん、実験している人は虐待してる意識なんて微塵もないと思いますけど)。いずれにしても、商品化された化粧品を使って実験するわけではなく、既に動物実験で安全が確認されている物質を化粧品の成分として使っているわけです。なので「動物実験はしてません」って、当たり前というか、何よりも動物実験で安全が確認された成分を使ってるのに「動物実験反対」って、、、ちょっと解せませんよね?

もっと言えば、動物実験で安全と確認された物質って、本当に安全なのか?

って、かなり疑問です。動物実験って「これ以上摂取すると危険だけど、これだけの量なら安全」って解釈ですよね?でも、無害だといわれる微量でも、それを継続して使い続けたらどうなるか?って動物実験では解明できてないです。いま問題になっている海洋汚染だって、無害といわれるごく微量な合成化学物質が長年蓄積された結果だと思えます。アトピー性皮膚炎とか、昔には見ることのなかった皮膚トラブルも同様だと思うのですが。


そんなわけで、僕的には最初から動物実験なんかする必要のないシンプルな成分で作られた化粧品が好きだし無難だと思います。

PS
「インティバリは、ある意味、人体実験済み」というような表現をすることがあります。娘の肌トラブル改善のために開発した品で、今でもインティバリを使い続けているので、その使い続けたきた期間、人体実験しているのと同じっていう比喩なんですけど、動物実験とは全く意味が異なりますので宜しくです笑。

The following two tabs change content below.

岡柳 薫

6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

長女がTwitter始めました

ジャカルタ生まれのバリ島育ちで慶應SFCに在学中の長女がTwitterを始めました【こちら

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。