表ではあまり言わないインティバリの裏情報ブログ~テーマは出来るだけ疑わしいモノを避けた生活環境づくり~

menu

裏インティバリ

石けんの作り方

石けんの作り方は大きく分けて、インティバリ石けんのようなコールドプロセス製法、それから、ホットプロセス製法/釜だき、中和法があります。

コールドプロセス製法とは

油脂と苛性ソーダー(もしくは苛性カリ|液体石けん用)を反応させた際に発する熱を利用して鹸化(石けん化)させる製法です。1か月~2か月間じっくり時間をかけて熟成させる必要がありますので大量生産には向きません。ただ、熱の加えないので、素材の効能が失われず保つことが出来ます。製造工程において保湿成分のグリセリンが作られますのでより保湿力に優れているのも特徴。他の製法で作られた石けんと比較すると洗浄力はマイルドで、肌に必要な油分を残します。その反面、水分を吸収しやすいので湿気に弱く溶けやすいのがデメリット。

ホットプロセス製法/釜だき製法とは

油脂と苛性ソーダー(もしくは苛性カリ|液体石けん用)を反応させ、釜だきして熱を加えることで鹸化させる製法です。日本では伝統的な製法かと。最近では、家庭で料理した残りの油を使い、ホットプロセス製法/釜だき製法で石けんを手作りする方もいると聞きます。鹸化させてから固まるまでの時間が早いので、家庭でも簡単に作れます。

中和法

油脂を化学分解して得られる高級脂肪酸と苛性ソーダーを中和させて石けんを作る製法です。化学分解する過程で、保湿成分であるグリセリンなど油脂がもつ効能を取り除いた純度の高い石けんで洗浄料が強いです。中では最も早く石けんが作れます。

このように、石けんの作り方は、大きく分けると3通りあります。
石けんの主成分となる油脂によることはもちろんですが、製造方法によっても、使用感や効能など品質に大きく影響します。

The following two tabs change content below.
6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。

最新記事 by 岡柳 薫 (全て見る)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。