表ではあまり言わないインティバリの裏情報ブログ~テーマは出来るだけ疑わしいモノを避けた生活環境づくり~

menu

裏インティバリ

デフレと人手不足と消費税率アップと経済~2019年~

消費税が10%に上がりました。8%から10%ですから実質2%上がっただけなんで、インティバリの価格はとりあえず変更なし。もともとの販売価格が内税で、2%上げると端数が出るし、見た目もキレイじゃないし、色々と考えるのがめんどうだったので、とりあえず、値段はそのままです。インティバリとしては、消費税率アップよりルピア安の方が心配なんですよね。ルピアが安くなると、ドル建て払いの材料費や日本までの送料が高くなって、販売価格に大きく影響するんです。アメリカと中国、日本と韓国の外交が上手くいってなく、アジアの通貨危機が起これば、インドネシアも巻き込まれそうで怖いです。バリ島の経費が上がれば日本価格も値上げせざるを得ないわけですが、日本はここ数十年、デフレが続いていてモノが安いですよね。

デフレって、貨幣の価値が上がるってことで、つまりモノの値段が安くなるわけで、売上高が落ちて賃金も下がり、モノが売れなくなるってことなんですけど、そんな中、コストが高くなるのは困るんですよね。それでも、世界的にみて日本円は強いし、円高になってるし、日本の経済力は世界でもトップクラスだし、海外暮らしから見ると、日本はモノが安くて良いってイメージになってます。一方で、デフレなのに人手不足で、アルバイトとかの時給は上がってるし、「どうなってる?」って子供達に聞かれても答えることができません汗。いやいやいや、経済学は難しいですよね。まぁ~そんな中で、消費税が10%になったんで、個人からの税金で税収を上げて、企業からの税収を抑えることで経済を回してるんかな?と思うところもあるのですが、分かりません汗。デフレの時に消費税率アップはダメっていう専門家もいるし、頭の良い日本の官僚さんたちが問題ないって決めたことでもあるし、何年後かの結果を見るまで分かりませんよね。

だからと言って高いモノは売れないというわけでもないです。インティバリは安くないし高くものなく、リーズナブルだとは思っていますが、やっぱり格安商品と比べると高いです。それでも買ってくれる方々がいます。「結果的に安い」と考える方もいるのです。たとえば、格安だけど肌に合わない化粧品を使い、体調を崩して病院に行くことを考えれば、値段ではなく、自分に合った化粧品を使った方がキレイになるし、体調も崩さず病院に行く必要もないってことで同感です。インティバリ目線でもっと言えば、インティバリだけあれば、その他には不用ってのもあります。ボディソープや洗顔石けん、シャンプーやリンスにコンディショナーやヘアオイル、クレンジングや化粧水に乳液、保湿クリーム、リップクリームやシェイビングクリーム、歯磨き、体臭予防の消臭剤とか不要で、インティバリの4点、石けん、トリートメントボディオイル、ローズウォーター、保湿クリームで全て賄えますからね。

The following two tabs change content below.
6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。