表ではあまり言わないインティバリの裏情報ブログ~テーマは出来るだけ疑わしいモノを避けた生活環境づくり~

menu

裏インティバリ

経皮毒はうそ?ほんと?

経皮毒とは

わけあって「経皮毒」について調べました。
経皮毒とは、薬学博士の竹内久米司氏と稲津教久氏らの著書「経皮毒―皮膚からあなたの体は冒されている!」に書かれている造語で、

「化粧品やシャンプーなどの日用品に含まれる有害物質が」
「皮膚から体内に吸収され」
「分解されることなく蓄積して健康を損なう」
「場合によっては、胎児にも悪い影響をおよぼす」

という仮説です。インティバリとしては、以前に、同じような内容を※「環境ホルモン~疑わしきモノは排除する~」にも書いてますし、環境問題に関心がある人や肌トラブルを抱える人たちにとっては、今となっては特に驚くような仮説でもなく、むしろ、既成事実として頭に入っていると思うのですが、いやいやいや、ネットで調べてみると真っ向から否定する意見が思ったよりありました(笑。

実際、「経皮毒」という仮説は、化学的にも医学的にも証明されていません。「経皮毒」を否定する意見の中には、「仮説」ではなく「うそ」「でっちあげ」なんて言う輩もいて笑、そんな人たちの主張を興味深く読んだのですが、面白いですよ。ぜひ検索してみて下さい。経皮毒を否定する意見の背景には合成化学物質が配合されている化粧品の販売があるし、逆に肯定する意見の背景には、インティバリのような天然素材の品がある笑。それぞれが、ぞれぞれの立場で都合の良いように「経皮毒」という言葉を使ってます。天然素材から作られた品を紹介するサイトは、ここぞとばかりに「経皮毒」という言葉を借りて「天然モノが安全でいいですよ」といけるし笑、「経皮毒」がウソだと上手く主張できれば、それは合成化学物質が配合された化粧品やシャンプーの安全性を説いたにも等しいわけですから、両者にとって「経皮毒」はかっこうのネタです笑。

そんなわけで、今更ですけど裏インティバリも、この「ネタ」に乗っかろうかと笑。ただし、「経皮毒」が化学的に正しいかどうか?という議論には参戦しません、というか出来ません。専門家ではありませんから。。そもそも僕の知識は、学生の頃、環境問題を専攻していた妻の受け売りです笑。妻の話に興味を持って、本を読んだり検索したり、その程度の独学です。それに、これを言ったら身も蓋もないのですが、化学的に証明されることが重要だとも思っていませんし、どうやっても現代化学では証明できないとも思ってます笑。

反論するサイトの主張

まず、話の大前提として「経皮毒」に対する反対意見を簡単にまとめてみます。分かり易くする為に「経皮毒」について、もう一度定義しますが、「経皮毒」は

①「化粧品やシャンプーなどの日用品に含まれる有害物質が」
②「皮膚から体内に吸収され」
③「分解されることなく蓄積して健康を損なう」
④「場合によっては、胎児にも悪い影響をおよぼす」

ということになります。
それに対しての反対意見は、

「化粧品やシャンプーに含まれる合成化学物質は化学的にその危険性は認められておらず、国から使用を許可されている物質である」

そして「皮膚にはバリヤー機能があり、化粧品やシャンプーに含まれる合成化学物質は皮膚から侵入することはできない」更に「体内に侵入しないのだから蓄積されないし、仮に侵入したとしても蓄積する物質ではない」「経皮毒は化学的に否定されている」

という感じになってます。

裏インティバリとしての見解

さて、僕は「経皮毒の論理が化学的に正しいかどうか?という議論には参戦しない、出来ない」ということは既に書きました。もちろん議論に参戦するだけの専門知識がないということもありますが、現代化学で「経皮毒」を証明することは出来ないという思いが強いです。逆に言えば、本当の意味で「経皮毒」はウソと証明することも出来ないのでは?と思うのです。「経皮毒は既に化学的に否定されている」と言うのは、「経皮毒を証明できない=経皮毒はない」という論理ではないのか?もっと言えば、専門家といえる人たちの間で意見が真っ二つに分かれているこの状況って、インティバリ・クラブに書きましたが、医師の間でも賛否両論ある※「子宮頸がんのワクチン接種」の話とかぶって、何が本当なのか分からない。

「経皮毒はうそ」と主張する側だって、ステロイドなどの薬品や毒性の強い合成化学物質は、「皮膚から体内に吸収され身体に何らかの影響を及ぼす」ということには同意してます。ただ、そういった医薬品や劇薬と化粧品やシャンプーに含まれる合成化学物質は別物だというわけです。また、「ヘナで毛染めしたら緑色のおしっこがでた」なんて体験談もあり、これは正しく、ヘナの成分が頭皮から体内に吸収された例だと思うのですが、これも、「シャンプーに含まれる合成化学物質とヘナは別物」ということになるのでしょう。

ただ、別の言い方をすれば、化粧品やシャンプーに含まれる合成化学物質以外の物質なら「皮膚から体内に吸収され」「分解されることなく蓄積して健康を損ない」「場合によっては胎児にも悪い影響をおよぼす」可能性もあると言い換えることも出来ますよね。要するに、「化粧品やシャンプーに含まれる合成化学物質はどうなのか?」争点はそこに絞られるように思いますが、どうでしょうか?

話しを続けますが、数十年前より、家庭から排出される「化粧品やシャンプーに含まれる合成化学物質」が他の毒素と結びつき水質汚染の原因となり、生物に異変をきたしている可能性があると言われている中、「個々の合成化学物質に有毒性は確認されてない」と言われても、他の毒素と結びつき有毒性を増すという複合汚染の要因が考えられる以上、かなり疑わしいのではないか?そして、複合汚染の観点から考えると、何らかの要因で肌のバリヤー機能が損なわれている場合は、皮膚から体内に吸収されるのではないか?複合的に色々な要因が重なった時、経皮毒はあり得る?と思えてしまいます。そんな疑念もあって、娘の頭皮トラブル改善のために、食生活を変え、合成化学物質が主成分のソープやシャンプー歯磨き粉など生活から排除したのですが、数か月で娘の肌が良くなるのを目の当たりにしました。「経皮毒」が出版される前のことです。

薬用石けん|インティバリ・クラブでも書きましたが、2016年アメリカにおいて、抗菌・殺菌作用をうたう薬用石けんの販売が禁止になりました。殺菌剤として知られる19種類の成分が、実は人体に有害となる可能性があるとのことで、該当する成分が配合された薬用石けんの販売が禁止になったのですが、これらの成分が、血液・鼻水・母乳などから検出されたと発表されました。これって経皮毒ですよね?医薬部外品と化粧品は違うなんて言われそうですけど、専門家ではない一般の消費者からすれば同じ日用品です。

このようなアメリカの動きを受け、日本でも該当する成分が配合された薬用石けんを規制するようになったようですが、同じ成分が入ったシャンプーや化粧水、歯磨き粉などの日用品は未だに販売されているらしく、、、やっぱり経皮毒ってある?って思いました。

結論

経皮毒はあると思います。但し、条件つきで。その条件って「人による」「品/成分による」ということなんですけど、「人による」っていうのは、複合汚染の可能性を踏まえバリヤー機能が著しく低下してる人のことです。それから、「品/成分による」っていうのは、逆に言うと、配合成分によっては経皮毒がないモノもあるかな?と思います。成分に関する専門知識がある人で、経皮毒の可能性を踏まえた上で(「どんな成分でも経皮毒はない」って言う専門家はちょっと信用できませんけど笑)、自分達の健康を考えて作ったモノであれば経皮毒の害がない日用品が作れるだろうと。ただ、残念ながら、それを一般消費者が見分けることが出来ない(泣。王手化粧品メーカーなら安全とは言えないです。

そう考えると、疑わしいモノは出来るだけ避けたほうが良いと思います。

当サイト関連記事:

関連記事|インティバリ・クラブ:
環境ホルモン~疑わしきモノは排除する~
子宮頸がんのワクチン接種
ハワイではサンゴ対策で2021年から日焼け止め禁止
経皮毒から考える~人任せの選択はしない~

経皮毒

The following two tabs change content below.
6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。

最新記事 by 岡柳 薫 (全て見る)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島移住。2003年にインティバリを創業して以来、バリ島に骨を埋める覚悟で日々奮闘中。当ブログ「裏インティバリ」では、かしこまった「表」ではちょっと書きづらい、「裏」ならではのインティバリ情報をお届けします。