6人家族のバリ島生活を綴る父親の手記~今日もバリ島は平和です~

menu

裏インティバリ目線のバリ島生活

CATEGORY暮らし

sho_160902

バリ島サヌール生活の魅力と言えば

↑↑↑次女が自分の携帯で撮った写真なんですけど何か好き。 カメラの才能があると思うのですが、それはオイラが親ばかだから?笑 バリ島サヌール生活の魅力のひとつに「海が近い」というのがあります。まぁ~我が家から子供が歩いていける距離…

バリ島の賃貸一軒家~インティバリ住居公開!~

「ミラーレス一眼レフ CANON EOS M10」をゲットして自宅をトイカメラ風で撮影してみたので・・・というだけなんですが、、、この家に住んで7年ぐらいかな、ホントお世話になってます。これからも宜しくです。ちなみに…

blog072602

バリからEMS(国際宅急便)で送る荷が鬼梱包になる理由

インティバリでは、日本からお取り寄せ頂くネットショップを運営しています。お店の2階で梱包しバリ島からEMS(国際宅急便)を利用してご自宅までお届けするわけですが、お客様から「鬼梱包」と言われるくらい、かなり厳重に梱包してまして、まぁ…

13871690_1039418369487169_1682481875_n

バリ島は異常気象?~バリの天然塩が品切れ~

もうすぐ8月ですが、この時期のバリ島は乾季・・・のはず。本当なら朝夕はどちらかと言えば肌寒く過ごしやすい季節なんですが、今年のバリ島は未だに雨が降る・・・ちょっと肌寒くなってきたかなと思いきや、翌日に雨が降ったり、どうなって…

blog071102

バリ島移住 気になる子供の教育~言語能力とアイデンティティ~

次女(13歳)毎年恒例のバリ・アートフェスティバルに出演。バリ島在住だからこそ出演できた!とも言えます。 (撮影:YAEKO/photo.icommbali.com) 我が家の子供たちは小さい頃からバリ島で育っています。 日本人夫…

blog061601

世界に通用する日本人というブランド力!?

インティバリに訪れてくれるお客様の多くは日本人の方。 ただ、時たま中国や台湾の方もお越し頂くのですが、先日も台湾の方からメールを頂きまして、英語で書かれていたのですが、「バリ島に行く」「でも時間がなくてサヌールに行けない」…

バリ島の高校を卒業して日本の大学を受験するなら9月入学のAO入試がおススメです

バリ島のインターナショナル系スクールを卒業した長女(当時17歳)が日本の大学を受験しました。日本でいう難関大学に合格したのですが、今でも同じ子を持つ親御さんから当時のことを質問されたりするので…

ラマダンとは些細な喜びを再認識することに意義がある

今年のラマダンは6月6日~7月5日まで 2016年6月6日~7月5日まで「ラマダン」です。インドネシアでは「プアサ」と言われ、その期間、イスラム教徒の人は日の出から日沈まで断食します。この期間は、夜明け前に食事をとり日が沈む6時ぐ…

バリ島でサッカークラブのユニフォームを作るなら

僕はバリ島で子供サッカークラブのコーチをしています。 今のところ小学3年生~5年生を対象にしたクラブです。なぜその年齢なのか?と言えば、もともと末っ子(当時小学校3年生)がサッカーをやりたくて、でも練習日が合うチームがなく、なら僕も…

バリ島のごみ問題について考える

バリ島はリゾート地として人気ですが、 観光地をちょっと外れるとそこはゴミの山です。 小さな島に毎年多くの観光客が訪れます。人が集まれば必然的にゴミの量も増えるのは必然ですが、バリ島はそのゴミを処理することができない。ハワイでも同…

さらに記事を表示する