6人家族のバリ島生活を綴る父親の手記~今日もバリ島は平和です~

menu

裏インティバリ目線のバリ島生活

妻の料理ネタ

インティバリとは、僕たち6人家族の生活必需品、というか生活習慣そのもの、その生活習慣の提案ともいえるのですが、その根底にある考え方は、

生物が本来もつ自然治癒力の強化を意識し、環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしきモノを出来るだけ排除した生活環境作り。

それがブランドポリシーにもなっているのですが、それは学生時代アメリカで環境問題を専攻した妻の知識に由るところが大きいわけです。環境問題とは、環境を破壊する物質が人体にどのような悪影響を与えるのか?という学問なんですが、その環境を破壊する物質が私たちの生活環境に溢れている、、、そんな物質を出来る限り排除した生活環境作りを始める直接のきっかけは「インティバリとは」でも書いた通り長女の皮膚炎なのですが、生活環境を一転させて最初の3ヶ月間で私の体重は7kg減の58kg。肉魚、白米中心の食生活から玄米菜食に変えた結果です。パワーがなくなり見かけ的にもひ弱になってしまった感はあるのですが、続けるうちに風邪などひかなくなり体調良好。娘の症状も目に見えて良くなり、当時1歳の長男も大きな病気をすることなくすくすく成長。次女と末っ子はお腹中にいる時から玄米食。そんな当家の子供達は、たまに風邪をひいても翌日には絶好調!と、言うか数時間で治るマンガのような凄い回復力なんです!

一方で、やはり食事に関しては人間の欲を満たしてくれる大事な要素の一つなのだから、栄養素ということだけではなく(楽しい)=(美味しい)ということも大事だろうと、、、、テレビでみる精進料理などメチャクチャ美味しそうだろうと、、、そんなことを時折妻と話すのですが、妻は料理が苦手で、美味しい料理が食べたければ自分で作りなさいということなるわけで(汗。 自分で言うのも何ですが、私は手先が器用で料理も嫌いではないので自分で料理をするし子供達からも喜ばれます。母親が料理するとブーイングの嵐になるわけですが、このような状況でも「父親が料理して子供達に喜ばれるのは私(母親)が料理が下手なおかげなのだから私は徳を積んでいる」と、わけのわからない理屈(笑。 何処までも逞しい、、というか何というか。。。

今日もバリ島は平和です(^-^)/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。