6人家族のバリ島生活を綴る父親の手記~今日もバリ島は平和です~

menu

裏インティバリ目線のバリ島生活

近江商人の大原則「三方よし」


「三方よし」って江戸時代の商人が言った言葉で、「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」というように皆が幸せになるということ。正に商売の大原則ですよね。そして、その「近江商人の商売十訓」。いやいやいや改めて凄いと感動すらしましたよ。

近江商人の商売十訓

 1、商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
 2、店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
 3、売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
 4、資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし
 5、無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ
 6、良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
 7、紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、
   つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
 8、正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
 9、今日の損益を常に考えよ、
   今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ
10、商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ

   
素晴らしい!僕が作った社訓とは大違いです。(お恥ずかしい汗汗汗)

こないだ投稿した社訓はやめにして、この「近江商人の商売十訓」をそっくりそのままインティバリ社の社訓にしようかな。ものごとの本質というのは何時の時代も変わらず永遠なんですよね。大いに見習いたいと思います!!とぼけたこと言ってると恥かきますよね、、、社訓なんて、、、あぁ~なかったことにしたい!笑。

というわけで、先日、インティバリ社の社是を「最善の選択肢を提案」とし、日本に設立した代理店の社是も同様と思っていましてが、奥さんが「それぞれ別のアイデンティティを持っていてもいい」なんて言うんです。なら、日本の会社の社是は

 

「三方よし」

 

ということで奥さん如何でしょうか?(笑
今日もバリ島は平和ですね(^-^)/

PS
江戸時代に「士農工商」という言葉が使われ、僕の世代では身分制度を表す言葉と習った記憶がありますが、実は違ったのでしょうか?「金儲けは卑しい、下劣、だから商人は最下層」って感じでしたけど、実はそうでなく今は教科書に載ってないとか?もともと「士農工商」は中国で古くから使われていた言葉で身分制度を表すのではなくただの「職業分類」。実際は成功している商人はそれなりに力を持っていたそうな。まぁ~「三方よし」が大原則で実践されていたのなら、お下劣どころか賛美に値しますもんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。