次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ

制汗剤を多用するリスク

制汗剤を利用されている方、多いと聞きます。それだけ汗や匂いが気になるということでしょう。ただ、制汗剤を多用するとリスクを伴うので要注意です。

多くの制汗剤には汗を抑えるために塩化アルミニウムが配合されています

塩化アルミニウムは、汗腺を塞ぎ汗そのものを抑えこむ作用がありますが、間違って全身に使ってしまうと、熱中症の原因になると言われています。また、塩化アルミニウムは数十年前から乳がんを発症させる危険性があると指摘されていますし、肌荒れやかゆみの原因になる恐れもある成分です。ムダ毛処理したばかりのワキへの使用は避けたいです。また、スプレー式の制汗剤を使って口から吸収され体内に蓄積されると、アルツハイマーの原因になるとも言われているので注意が必要です。

匂いの原因となる菌を抑える銀イオンが配合されている制汗剤があります

この銀イオンは殺菌作用と消臭効果に優れ持続力も長いので、制汗剤の成分としては欠かせない物質になりつつありますが、銀イオンが金属アレルギーを引き起こすと言われています。

結論


このような感じで、「汗を抑え込み」「殺菌」しすぎると、本来、汗と共に体外に排出される老廃物が体内に残り、逆に体臭をきつくするリスクがあります。そんなわけで、インティバリとしては、制汗剤の使用は極力避け、汗が気になる場合は汗取りパットを使用し、匂いが気になる場合は、インティバリのローズウォーターとクリームをおススメします。関連記事:ローズウォーターとクリームでわきが対策

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】