次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ

風邪予防に鼻うがいがおススメ

鼻うがいとは、鼻から水を入れ口から出すことで、ちょっと鼻水が出るなど調子が悪い時など、この鼻うがいでかなりスッキリしするのですが、調子が悪くなくても、ウイルスが活発に活動すると言われる乾燥する時期、鼻うがいが予防になるんですね。冬やACを使う夏場など乾燥すると、肌の表面だけでなく、のどや鼻腔などの器官も不調をきたします。風邪をひくと、のどが炎症を起こしたり、鼻水が出たりするのは、ウイルスが鼻など粘膜に影響するから。その粘膜を鼻うがいできれいスッキリすることで予防になるわけです。

で、この鼻うがいに使う水ですが、生理食塩水が良いと言われてます。生理食塩水とは、濃度0,9%の食塩水のことで、血液・組織液の浸透圧に等しく、水分欠乏時の点滴、静脈内注射、注射薬の基剤や外用の洗浄剤として利用されたり、戦時中に輸血が必要な時も、この生理食塩水が利用されたなんてことも聞きました。鼻うがいする際は、雑菌などを処理するため沸騰させた水を40℃にして食塩水を作るのが良いようです。最後に、食塩は科学的に合成されたものではなく天然塩がおすすめです。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】