次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ

ベビーオイルのデメリット

ベビーオイルのデメリットについて書こうと思います。ベビーオイルを否定するつもりはありません。どんなモノにもメリットがあればデメリットもあって、今回はそのデメリットに焦点をあてようということです。

主成分からみるベビーオイルの特徴

一般的なベビーオイルの主成分はミネラルオイル(鉱物油)です。そのミネラルオイルに極微量の安定剤を配合されているだけの品が多く、ベビーオイルの特徴は主成分であるミネラルオイルの特性そのものと言えます。

ミネラルオイルとは、鉱物油で、原油を石油に精製する際に不要になった油分を更に精製してつくられたオイルです。昔は、不純物が混ざっており、その不純物に発がん性があったり、日光にあたると油焼けしてしみの原因になると言われていましたが、今は精製技術が進歩して不純物も取り除かれているようなので、いわゆる有害物質ではないと思います。

ミネラルオイルの特徴は、繰り返しになりますけど、石油を精製する過程で不要な油分を精製しているので安価です。それに、酸化しずらく安定しており、肌につけたら中々落ちない吸着性の強い素材です。このような特徴から、ベビーオイルだけでなく、ファンデーションや口紅、アイシャドウなどのメイクアップ化粧品や日焼け止め、クレンジングオイル、保湿クリームなど化粧品の基材として利用されています。

つまり、一般的なベビーオイルの特徴は、そのようなミネラルオイルの性質から、肌に浸透せず皮膚上に膜を作り外部からの刺激を遮断することです。それがメリットとも言えます。

ベビーオイルのデメリット

対して、デメリットですが、まず、肌に浸透しないので、肌内部に対して保湿力がないということ。肌を覆ってしまうので、肌呼吸を妨げたり逆に皮膚内部の水分を減らしてしまうリスクを伴います。乾燥肌の方は注意が必要です。それから、吸着性が強い、つまり落ちにく性質から、毛穴を塞いでしまうリスクがあります。毛穴が目立つ原因や、ニキビ肌の原因は油分が毛穴に詰まってしまうことなので、肌トラブルがある場合も注意が必要です。用途や使用頻度を考えて使うことが重要かなと。

あわせてお読みください


ミネラルオイルが主成分になっているクレンジングオイルについて書きました。

 

関連情報|インティバリ・クラブ

ミネラルオイル(鉱物油)のメリット&デメリット
ベビーオイルの主成分から見る効能 鉱物油 VS 油脂

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】