次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ

あらゆる肌トラブルに対応!?

我が家では、娘が幼少の頃に肌トラブルを抱えて以来、天然成分100%の素材で作ったインティバリ製品が欠かせず、創業以来、十数年間、インティバリを使い続けています。ある意味、人体実験済みといっても過言ではありません。今回は僕の肌トラブル体験談です。(こちらのつづきです)

数年前、バリ島の高校を卒業した娘が日本の大学へ進学しました。そのタイミングで妻も日本に行き、下の子3人とバリ島で生活するようになった頃、何時の間にか両足太ももの内側に斑点が出ていました。生活環境ががらりと変わり、免疫力が下がるような精神的ストレスがあったかもですが、日焼けをしたり肌が乾燥すると、この斑点が目立ちました。老人性白斑やカビ菌の疑いもありましたが、かゆみや痛みはなく、また、中年男子だし外見も然程気にならず、病院嫌い、薬嫌い、ということもあり検査等はせず放置。

ですが、バリ島の水が合わないのか、この斑点とは関係なく、シャワーをすると手足が痒くなることがしばしば。そのような時は、ローズウォーターやトリートメントオイル、保湿クリームを使っていたのですが、気が付いたら、両太ももの斑点が消えていました。若干、薄く跡が残っているようですが、ほとんど見えません。

この斑点が出てから数年経った今、「そういえば斑点が消えてる」って突然気が付いたのですが、恐らく斑点が出てから数か月で改善されたと思います。 ローズウォーターやトリートメントオイル、保湿クリームを塗った直後は、斑点がだいぶ薄れてたので、今の状態になるまで然程の時間はかかってないかと。この斑点は、年齢的なことからなのか、乾燥からくるのか、あるいはストレスか菌なのか分かりませんが、いずれにしても、抗菌、殺菌作用があり、保湿効果にも優れる ローズウォーターやトリートメントオイル、保湿クリーム で対応できると思った次第です。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】