次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ

新型コロナウイルス予防に抗菌・殺菌作用のある薬用石けん?

↑インティバリ・プロデュースのはちみつ石けん。お買い求めはオンライン・ショップ www.gogreen.co.jp

とうとうバリ島でも2名の新型コロナウイルス感染者がでました泣。その感染元が日本人?ということです汗。今後、日本からの入国規制がどうなるか心配ですが、そんな中、予防として「手を洗う」「うがいをする」ことが有効とのことで、先日、仲間内で抗菌・殺菌作用のある石けんについて話題になりました。そんなわけで 抗菌・殺菌作用のある石けん について、インティバリとしての見解を述べたいと思います。

薬用石けんのリスク

抗菌・殺菌作用のある石けんは、日本でいえば薬用石けんです。薬事法では、医薬部外品に分類されます。このような効能をうたう石けんは、それなりの有効成分(殺菌剤)が配合されているのですが、では実際、薬用石けんに、たとえばインティバリ石けんのような石けんを上回るそれなりの効果があるのか? 実は科学的に証明されたわけではありません。

もちろん有効成分が配合されているので抗菌・殺菌作用はあると思います。ですが薬嫌いの僕に言わせれば、その有効成分は、ある意味抗生物質と同じで、予防として利用するにはリスクを伴う。病気でもないのに、予防として日常で薬用石けんを使用すると抗生物質が効かない耐性菌が体内に増えてしまい、つまり抗生物質の効かない身体になってしまい、免疫力が弱った時に感染症にかかるリスクが高くなると言われているんです。

薬用石けんで手を洗っただけで、そんなリスクがあるのか?と思われるかもしれませんが、アメリカの研究によれば、この有効成分が、 尿・血液・鼻水・母乳などから検出されたとのこと。皮膚から体内に吸収されたと思われます。

この研究の結果、薬用石けんは通常の石けんを上回る効能が証明されていない上、 感染症や耐性菌を増殖させる危険性があるという理由で、 2016年アメリカでは 「トリクロサン」「トリクロカルバン」など殺菌剤として知られる19種類の成分が配合される薬用石けんが販売禁止になりました。

インティバリおすすめ新型コロナウイルス対策

「この際、インティバリでも抗菌・殺菌作用のある石けんを作れば?」なんて話もでたのですが、「環境に悪いもの」「身体に悪いもの」「疑わしいもの」は出来るだけ避けるという インティバリのブランドポリシーの中で、薬用石けんは「疑わしもの」です。そして、手をキレイにするという意味では、 上述のようなリスクを伴伴わない通常のインティバリ石けんで十分。更に、抗菌・殺菌作用があると言われる天然のローズウォーターがおすすめです。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】