次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ

新型コロナウイルスのワクチンについて

コロナウイルスの感染者が拡大して以来、ネットで多くの関連ニュースを見るようになりました。その中には陰謀論的なものまであります(汗。これは陰謀論ではないのですが、 数年前にマイクロソフトの創業者ビルゲイツさんが、これからの世界は核戦争の脅威より、ウイルス兵器が怖いと演説していました。実際にテレビ出演して言ったことなんですが、その有事に備え、今からワクチン開発が必要ってことで製薬会社に多額の投資をしてると思います。その一方で、これは陰謀論的ですが「自分の子供にワクチンは不用」と言ったとか言わないとか、、、

それにしても、ワクチンは医師の間でも賛否両論ですよね。予防接種は意味がなく、逆に免疫力の低下を招くっていう専門家もいるわけで、ちょっと気味が悪いです。そんな論争的なことが子宮頸がんワクチンの時にもありました。うちの娘たちに、子宮頸がんのワクチンは受けさていませんが、新型コロナウイルスのワクチンの場合は、感染拡大すると人命も経済も危うくなるのだから、というように、拒否するのは大罪みたいな風評が怖いです。

新型コロナウイルスに感染しても、アジア圏での死亡者が欧米と比べ少ないのはBCG(結核の予防ワクチン)を摂取してるからという説もあって、つまりこれはワクチンが有効という論拠になるし、WHOの総会でワクチンが開発されたら、世界平等に配布みたいなことが言われてるし。これでもし、今後、どこかの国で「感染したら即死亡」なんてウイルスが出てくると、ワクチンは必要不可欠になるだろうから怖いです。今のところ、致死率が高いウイルスは感染力が弱いって言われてるのがせめてもの救い?

いや、だんだんと疑心暗鬼になってきて、思考が陰謀論的になりそうで嫌ですけど、うちは新型コロナウイルスのワクチンが開発されたとしても受けたくないです、、、

子宮頸がんの予防ワクチン接種について

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】