次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ~バリ島コスメを手掛けるインティバリの思考と価値観

「アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少」という記事を読んで思うこと

2018年12月21日に下記のような記事が掲載されました。

「アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少」/毎日新聞

アトピー性皮膚炎を発症している中高生の割合が過去最多となったことが、文部科学省が21日公表した2018年度学校保健統計調査(速報値)で明らかになった。一方、幼稚園児は過去最少で、文科省は「幼少時に清潔な環境で育ち、免疫を獲得できずにアレルギー疾患となる子供が増えている可能性がある」と指摘した。 調査は4~6月、全国の国公私立の幼稚園や小中高などの児童・生徒を対象に実施。全体の25%にあたる約342万人を抽出して健康状態を確認した。アトピー性皮膚炎の発症者は中学校2・85%、高校2・58%で、いずれも過去最多となった。小学校は最も割合が高く、前年度比0・14ポイント増の3・40%だった。一方、幼稚園は2・04%で過去最少となった。 文科省の担当者は「はっきりした要因は不明」としつつも、専門家の意見として「抗菌、除菌グッズが増え、子育て環境は清潔になっている。こうした環境で育った子供は免疫を十分獲得できず、成長過程でアレルギー体質になりやすいと言われる」と説明。幼稚園児のアトピー性皮膚炎が減っているのは「保護者に保湿などスキンケアの意識が広がったためではないか」と指摘した。 アレルギー体質の子供は耳や鼻の疾患にもなりやすいとされ、今回の調査では耳疾患が小学校と中学校で、鼻・副鼻腔(びくう)疾患が小学校と高校で過去最多となった。 【伊澤拓也/引用元の記事

 

抗菌、除菌グッズの副作用

上記の記事で気になるのが、「抗菌、除菌グッズが増え、子育て環境は清潔になっている。こうした環境で育った子供は免疫を十分獲得できず、成長過程でアレルギー体質になりやすいと言われる」の部分。

これは正しくインティバリが日ごろ言及している抗菌、除菌作用のある有効成分が配合されている化粧品(多くの場合、医薬部外品)の副作用だと思われます。本来、私たちの肌はバリヤー機能を備えています。そのバリヤー機能の一端を担っているのが肌の常在菌ですが、抗菌、除菌作用のある有効成分が肌を守る常在菌まで殺してしまうわけです。有効成分が配合されている化粧品(医薬部外品)を使い続けている間は、肌トラブルを抑え込んでくれます。しかし、使用を止めた途端、肌のバリヤー機能が損なわれている肌表面に菌が繁殖し肌トラブルを引き起こすようなケースが見受けられます。記事中では、「免疫力の低下」と言っていますが、つまり、必要な常在菌まで殺してしまった結果です。

化粧品や医薬部外品だけでなく、除菌・消臭スプレー、モノによっては洗剤にも同等の成分が配合されており、衣類だけでなく、直接肌に触れるシーツや枕、ソファーなどそれらの製品を使用すれば、肌に付着し、同等の症状を引き起こすこともあると思います。

また、この抗菌、除菌作用のある有効成分は、ある意味、抗生物質と同じで、長期的に使用すれば、抗生物質の効かない身体になってしまう。免疫力を弱めてしまうだけでなく、いずれ有効成分が効かなくなってしまうリスクを伴っていると言えます。

幼少の時期にこういった環境で育つと、成長の過程でアレルギー体質になりやすというのが専門家の見解ですよね。あり得る話でちょっと怖いです。

 

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

最新記事 by 岡柳 薫 (全て見る)

関連記事

コメントは利用できません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】