次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ~バリ島コスメを手掛けるインティバリの思考と価値観

新年行事を終えて

昨年から、インティバリは群馬県の百貨店(前橋すずらん&高崎高島屋)にて開催される群馬展への出店から新年がスタートしています。今年はコロナの影響で開催も危ぶまれましたが無事開催されまして、多くの方にご来店頂きました。全体的には昨年よりご来場者数減だったようですけど、お陰様でインティバリの売り上げは前年比を上回りまして、工芸品部門にて2年連続売り上げ一位の座を獲得m(_ _)m。バリ島から駆け付けた甲斐がありました。いやね、僕がこのイベントに参加するためには、開催日に合わせて、コロナ検査を2回受け、2週間自宅に籠る必要があったし、出発を前にして日本のコロナ感染者数がどんどん増えてくし、場合によってはバリに戻れないリスクもあったので、実はバリから日本に行くの気が重かったんですよね。しかも、日本にきたら緊急事態宣言って( ノД`)シクシク…「どうなっちゃうの?」なんて思ってたんですけど、とりあえず2021年もよい感じでスタートできました。ありがとう御座います。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメントは利用できません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】