次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ~バリ島コスメを手掛けるインティバリの思考と価値観

コロナワクチン接種で悩んでる方へ

時々コロナワクチン接種について意見を聞かれることがあります。

なぜ専門家でもない僕の意見が聞きたいのか?それは、商品説明する際に、肌トラブルを改善するには「薬に頼り過ぎない」「自分にあったスキンケア化粧品を使う」「疑わしい成分(合成化学物質)はなるべく避ける」「食べ物に気を使う」「自己免疫力を強化する」なんて話しをするわけでして、そんな話しをしていると、僕がワクチン接種しないつもりだと分かるようなんです笑。

そんなこともあって、コロナワクチンに対して僕がどう考えているのか?ちょっと興味を持ってくれるんだと思います。兎にも角にも、僕は薬が嫌いで、それは薬に頼り過ぎると免疫が弱るって考えがあるから。もちろん、ヤバイと思った時は薬に頼りますが、

コロナワクチンに関して言えば、まだ治験途中でどんな副作用があるか分からないワクチン接種はリスクでしかなく、そんなリスクを負ってまで接種するほど新型コロナウイルスは怖くない。僕ぐらいの年齢なら感染したところで大したことはないと思っているわけで、個人的にはコロナに感染するよりワクチン接種のリスクの方が怖いんです。

そもそもワクチンが本当に効くのか?どうか?それさえも疑わしいわけです。表では報道されませんが変異を繰り返すウイルスをワクチンで抑えることは出来ないという専門家もいるんですよね。

ただ、ワクチン接種は任意です。つまり接種するしないは本人の自由だし、事が事だけに他人がとやかく言うことではないと思ってます。そもそも「接種するしない」ってことも言う必要がない話しなんでしょうけど、

今のところ「もし悩むなら、様子をみてはどうでしょう?」というのが僕の意見です。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメントは利用できません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(ごあいさつ