次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ~バリ島コスメを手掛けるインティバリの思考と価値観

ワクチン接種の同調圧力に抗う

ここ最近、ワクチンに対して否定的な意見を持ってる人に対して「反ワク」「陰謀論者」と揶揄し、実質ワクチン接種を強要するような風潮があるように思います。

以前にも書いた通り、ワクチン接種は任意であり接種するしないは本人の自由。他人がどうこういう話しではないと思うのですが、日本は同調圧力が強いですよね?

その要因のひとつが、ワクチン接種を奨励している政策と王手メディアによる報道かと。任意と言いつつワクチン接種が強制されている側面があるように思います。僕の周辺だけでも「接種せざるを得ない」って人が数名いるし、全国にはそんな人が少なからずいるでしょう。

ちなみに、冒頭でも言った通り世間はワクチン接種に否定的な意見はフェイクとか陰謀論というレッテルをはりますけど、専門家の間でもワクチン接種の効果やリスクについては賛否両論です。今回は同調圧力に抗うためにも、批判を恐れず巷で言われるワクチン接種のリスクについてまとめました。

新型コロナワクチンは治験中の新薬

そもそも、新型コロナワクチンは治験中の新薬です。通常であれば6年~10年かけて副作用など確認すると言われています。しかし、今回のパンデミックは緊急事態であり、感染を防ぐ対策が他にはないからという理由で十分な治験が行われないまま「特別承認」されただけ。つまり、将来的にどのような副作用があるか不明だということが最大のリスクだと言えます。ちなみに、ワクチンは自己免疫を低下させる恐れがあると指摘する専門家もいます。

ワクチンの効果も懐疑的

更に、ワクチンの効果についても懐疑的です。製薬会社の発表による有効性95%というのも、たとえば「もし1000人がワクチン接種したら1000人中95%にあたる950人が感染しない」という意味ではありません。

ざっくり言えば、ワクチンを接種してない1000人中、100人が感染した場合、もし1000人が接種していたら100人の95%にあたる95人は感染せず、感染者を5人に抑えることができるという話しです。つまり、ワクチン接種していれば1000人中5人だけ感染する計算ですが、別の見方をすれば、接種してもしなくても900人は感染しないということでもあります。

そして何よりも、ワクチンの効果はどれだけ持続するのか?変異株に対しても有効なのか?まだまだ分からないことが多い。今後、3回、4回、5回と接種するような流れも予想されています。

新型コロナウイルスはいうほど怖くない

このように、コロナウイルスに対しての有効性が定かではなく、どのような副作用があるか分からないリスクを負ってまでワクチンを接種するほどコロナウイルスは怖いのか?

コロナ禍も1年が過ぎると、実は、コロナ禍以前と今の年間死亡者数ってほぼ同じだということが分かりました。コロナ禍で多くの人が亡くなったかのようなイメージもあったのに、実は、そうではなかった。新型コロナウイルスはメディアが騒ぐほど怖いウイルスではないということです。

感染者数にしても、PCR検査の設定によりその数は全く違ってくる、、、今の設定では擬陽性が90%以上なんていう研究結果もあり、PCR検査による陽性者数は実際の感染者数ではないという話です。

喧伝されるワクチン接種のメリットは真実なのか?

ただ、こういったことが報道されることはなくコロナの恐怖だけが大々的に誇張され、そんな中で、有効性95%という話しが根拠になり、ワクチン接種すれば「コロナに感染しない」「他人にうつさない」「感染しても重症化を防ぐ」と軽信されているだけではないのか?

さらに、メディアと一緒になって「みんながワクチン接種すれば集団免疫ができてコロナが終息する!」「自分だけでなく高齢者を守るためのワクチン接種!」「経済活動をする若い世代からワクチン接種するべき!」、、、なんて製薬会社の回し者みたいなことを言う政治家もいて同調圧力を生んでいるのではないか?

まとめ

繰り返しになりますが、ワクチン接種は任意です。日本は憲法によりワクチン接種を強制することが出来ない国です。努力義務といいますが、あくまでも、接種するか?しないか?は本人の自由です。別の言い方をすれば、もし薬害があったとしても製薬会社や医療機関、政府も責任を負うことはなく、全て自己責任。

ワクチン接種はリスクを伴うことでもあるので、個人の判断に対して他人が干渉したり揶揄したり、どうこう言う話しではないはずです。

このような考えを共有できたら幸いです。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメントは利用できません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(ごあいさつ