次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ~バリ島コスメを手掛けるインティバリの思考と価値観

ご近所さんが販売しているコンニャク石けん

群馬県にインティバリの輸入販売店を作って以来、年数回、百貨店やショッピングモールで開催される群馬展に出展しているのですが、そこには別の石けん屋さんも出展されています。同じ化粧品なので出展ブースも近所になることが多く、お客さんから「何が違う?」って聞かれることがあるのですが、そういう時は、、、無意識にあっちの製品をディスりそうで怖いし汗汗汗「そんな質問するなよ」って思いながら笑、、、インティバリ石けんの特長だけを説明するようにしてるのですが笑、お互い「敏感肌、乾燥肌対策に有効」「にきび肌、アトピーにも」なんてことを売りにしてるところもあって、興味のある方もいると思うので、ちょっと触れておこうと思います。

実際にご近所さんの石けんを使ったのですが、その際に言われた商品説明と裏表示にある石けん成分を見た最初の感想は、弱酸性ソープに似たモノかな?ということ。オーナーさんが言うには、「目に入っても痛くない(目に入ると痛いのはアルカリ性)」「指輪など金属性のアクセサリーもキレイになる(金属をキレイにできるのは酸性)」「少しだけ海面活性剤を配合している(石けんに海面活性剤は不要)」ということも言っていたので「水に弱酸性の物質と合成界面活性剤(洗浄剤)を配合してコンニャク成分みたいなヤツで固めたモノなんだろうな」って。ぷるぷるした石けんで面白いのですが、色とりどりで可愛らしいのですが、石けんって油脂と水を苛性ソーダで鹸化させたモノのことを言うので、厳密にいえば石けんとは言えない、、、とも思いました。だから「良い」とか「悪い」ということではありませんからね、念のため言っときますけど笑。

実際、石けんはインティバリに限らずアルカリ性でして、アルカリ性だからこそ洗浄力があるわけですが、超敏感肌の方などでアルカリ性に刺激を感じてしまう方もいるのです。そういった方に石けんをおススメすることは出来ません。ただ、弱酸性ソープは洗浄力が弱い分、洗浄力を持たせるために合成の洗浄剤(合成海面活性剤)が配合されていることが多く、その洗浄剤が肌の刺激になる場合もあります。このようなことからも、お客さんそれぞれ、自分の肌に合ったモノを選んで頂くことが最重要事項なので、インティバリをごり押しするのではなく、色んな製品の特性を研究した上で、お客さんと接したいと思っている次第です。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメントは利用できません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】