次世代への影響を視野にいれ疑わしいモノを出来るだけ避けた生活環境づくりの提案

menu

裏インティバリ~バリ島コスメを手掛けるインティバリの思考と価値観

2022年に向けて

2021年は、二十数年過ごしたバリ島を離れ日本で暮らした1年になりました。実は、今年の夏あたりに一度バリ島に戻ろうかと考えていた時期もあって、それまで日本で買う衣類やら何やらもバリ島で使うことを想定しながら選んでいたのですが、「このコロナ騒動はまだまだ続きそう」と確信するようになり(←根拠はないですが汗)、バリ島より日本でやれることの方が多いという結論に達し、バリ島へ戻ることを断念して現在に至ります。

ただ、昨年、2020年の総括でも書きましたけど、

元々、日本に生活拠点を移すことは視野に入れていました。コロナ禍の影響で2021年それが一気に実現したと言えます。長年暮らしていたバリ島を離れるわけですから、本来、日本に生活拠点を移すと言っても事はそう簡単に進むわけもなく。でも、コロナパンデミックという非常事態のお陰で、本来やるべき事を後回しにしてバリ島を離れることができたとも言えます。無理やりポジティブな言い方をしている感もありますが汗汗、不安や心配なことがあり過ぎて、それを口にすると負けてしまいそうなんで笑。兎にも角にも、事情はどうであれ今年は日本に生活拠点を移すという念願が叶った年です。

そして2022年は、、、踏ん張りどころです。いや、今までもずっと踏ん張ってきてるのですが、来年を乗り越えれば光が見えてくる・・・そんな予感があります。光と言っても僅かな木漏れ日程度で苦難の道は続きそうですけど、でも希望が見える。これまた根拠はないですけど汗、そんな予感です。逆に言えば、来年は大変な年ってことなんですけど汗汗、乗り越えて行きます!!

そんなわけで、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

最新記事 by 岡柳 薫 (全て見る)

関連記事

コメントは利用できません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(自己紹介【最新版】