バリ島コスメブランドを手掛けるインティバリのこだわりと価値観

menu

ブログ~裏インティバリ~

「疑わしいものを避ける」という真意

インティバリのこだわり

インティバリは環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしいものを「出来るだけ」避けた生活環境づくりを提案しています。天然成分100%の基礎化粧品にこだわっているのも、「天然成分100%が良い」というよりは「疑わしいものを避ける」という意味合いが強いです。

この「疑わしいもの」というのは、それが身体に悪影響を及ぼすか?どうか?判断し辛い物質のことです。その代表が合成化学物質だという考えです。特に、肌トラブルを抱える人にとっては、この合成化学物質が刺激になることもあるわけ、です。

ただ、「そんなこと言ってたら生活なんか出来ない」という方がいます。インティバリが提案する生活を仙人のような生活みたくイメージしてるんだと思います。つまり、文明社会とは真逆の環境で生きるってイメージなんだと思うんですけど、、、それは極論であって、そこまでの提案をしてるわけではありません。

昨今、「科学調味料も含め添加物の摂り過ぎは健康を損ねる」「アトピーや花粉症などのアレルギーも乳製品や小麦粉を避けることで改善できる」なんて言われるようになり、食べ物には気を使う人が多くなったと思います。この「気を使う」「気にする」ってことが食事に限らず健康でいるためには大切だと言いたいわけです。「そんなこと気にしてたら食べるものがない」なんて言いながら、何も気にせず、何でも食べるとしたら、それは緩やかな自殺に等しいと思うわけです。

確かに、「疑わしいもの」というと「キリがなく」「どこまでやるのか?」徹底すればするほど仙人のような生活に近づくんでしょうけど、体調が優れなかったり、肌トラブルを抱えたりした時は、何はともあれ生活を見直す。そして、「これが悪いのかも」と思ったものを排除していく。

思い当たることがあれば、試してみてください。

The following two tabs change content below.
1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

 

インティバリ代表 岡柳 薫

1964年生まれの横浜育ち。6年間のジャカルタ駐在を経て2000年にバリ島に移住し、娘の肌トラブルをきっかけに化粧品販売会社を創業。自分自身、元々アレルギー体質&敏感肌の医者泣かせで、小学校1年生の時から一年間、親元を離れ病院が併設された養護学校で生活しました。今は、4人の子供を育てながら奮闘中。(ごあいさつ